「いつやるの?今でしょ!」は誰でも使い放題? 「著作権」はないの?

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 12時20分

写真

関連画像

「いつやるの?」と聞かれたら「今でしょ!」と答える。今年の流行語大賞はこれで決まりかと言われるほど話題になっているこのフレーズ。もともとは大学受験予備校「東進ハイスクール」のCMで使われていた決め台詞だ。

現代文講師の林修さんが黒板の前で「今でしょ!」と呼びかける。シンプルなメッセージと林さんの「ドヤ顔」のインパクトが受けた。続いて出演したトヨタのCMでも「じゃあ、いつ買うの? 今でしょ!」がドはまり。波に乗った林さんはその後、ロッテのCMや数々のバラエティ番組にも出演することになっている。

「今でしょ!」というフレーズで勝負をかける営業マンも増殖しているとかいないとか・・・・。さて、今や個人の「持ちネタ」の次元を超えてしまった感はあるが、そもそも林さんに無断でこのフレーズを使用することに問題はないのだろうか。「今でしょ!」に著作権はないのだろうか? 著作権に詳しい桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●極端に短いフレーズは「著作物」とは言えない

「『今でしょ!』のような短いフレーズは『著作物』とはいえませんので、著作権もありません。その前に、『いつやるか?』というフレーズをつけた場合でも同様です」

このように桑野弁護士はズバリ言う。なぜ「今でしょ!」は「著作物」といえないのだろうか。

「著作物といえるための要件の一つに『創作性』がありますが、このように極めて短いフレーズについて創作性を認めることは難しいといえます。とても印象的でキャッチーな使われ方がされているのは事実ですが、言葉自体は特に目新しさのない、ありふれたものだからです。

また、このように短くて、ありふれた言葉に著作権が成立してしまうと、うっかりその言葉を使ってしまったら著作権侵害ということになりかねません。これでは言葉を使った表現に対する制約が大きくなりすぎて、著作権法が目的としている文化の発展を妨げることになってしまいます」

たしかに、「今でしょ!」が気軽に使えなくなってしまったら、ふだんの会話も息苦しいものになってしまいそうだ。

ただ、もう少し長い、俳句や短歌については、一般的に著作物性が認められている。また、桑野弁護士によると、「ボク安心 ママの膝よりチャイルドシート」という交通標語について、著作物だとした裁判例もあるのだという。「キャッチコピーなどは、著作物性が認められる場合と否定される場合があると言われています」と桑野弁護士は指摘する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング