女子高生が企画した「尻叩かれ屋」 ハリセンで叩いた客は「暴行罪」?

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 10時59分

写真

関連画像

「JKのお尻を叩いてみたいと思いませんか?」。女子高生がそう呼びかけ、自分たちの尻を叩かせる「尻叩かれ屋」というパフォーマンスを行って、ネットで注目を集めた。

女子高生のブログなどによると、今年2月「何か面白いことがしたい」とツイッターで参加者を呼びかけ、都内の公園で数回実施した。叩くのはスカートの上から。客は手で直接叩くのではなく、ハリセンなどを使う。参加は無料だったという。

実際に参加した「客」はそれほど多くないようだが、ツイッターなどで話題になった。「企画として面白い」と笑い飛ばす人がいる一方で、「公園でSM」「通報されないの?」といった声も挙がっている。

ブログでは終始明るくて楽しそうなノリなので、特別いやらしい感じはしないが、「公園で女子高生の尻を叩く」という部分だけ抜き取ると、いかがわしく聞こえなくもない。例えば、こうしたパフォーマンスに参加した客や主催者が、暴行や公然わいせつなど、何らかの罪に問われる可能性はあるのか。佐藤大和弁護士に聞いた。

●ハリセンで叩くと、暴行罪になってしまうのか?

「最近の女子高生は、面白い企画を考えますね・・・・」

佐藤弁護士は感心した様子をみせながら、「尻叩き」について、法的な観点から次のように説明する。

「法律上、人を殴ったり蹴ったりして、ケガをさせた場合は『傷害罪』、殺すつもりがないのに死なせてしまえば『傷害致死罪』という罪になります。また、ケガをさせなくても『暴行罪』となります」

では、ハリセンで叩く行為も「暴行罪」なのか。

「必ずしもそうではありません。叩かれた側の『承諾』があり、その目的や行為などが社会常識の範囲内であれば、傷害罪や暴行罪にならないとされています。

今回のケースでいえば、女子高生たちは、尻を叩かれることについて『承諾』しています。したがって、優しくハリセンなどで叩く場合は、暴行罪や傷害罪にならないでしょう。しかし、思いっきり叩いて女子高生にケガをさせてしまったとしたら、社会常識の範囲を超えたとして、傷害罪になりえます」

つまり、程度問題だということだろう。ほかに成立する可能性がある犯罪として、佐藤弁護士は「公然わいせつ罪」をあげる。

「衆人環視の場で公然と、性行為をしたり、下半身の大事な部分を露出すると、公然わいせつ罪になります。しかし、公園内で、女子高生のお尻を叩く程度であれば、公然わいせつ罪にはならないでしょうね」

●「尻叩かれ屋」と「JKリフレ」の違いはどこにあるのか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング