「バックレ上等!」は許される? バイトを「正しく辞める」にはどうすればいいのか

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 16時55分

写真

関連画像

本格的な夏まであと少し。春から新しいバイトを始めた人なら、だいぶ仕事にも慣れてきた時期だ。一方で、「お金が貯まった」「別の事をやりたくなった」など、次のステップを考え始めるタイミングかもしれない。だが、バイトで意外と難しいのが「辞めどき」だ。

「バイトだから」と気軽に考えていると、辞める際に雇用主とトラブルになるケースもある。慣れたバイトがいなくなるのは、雇用者側にも痛手なこと。なんだかんだと理由をつけて、引き留められるケースも少なくない。弁護士ドットコムにも「辞めさせてもらえない」という相談が寄せられている。

一方ネットでは、「バイトは全て『バックレて』辞めた」という強者もいるようだ。だが、連絡もせず突然出勤しなければ、仕事には大きな影響がでかねない。もしバイトを「バックレた」場合、法的責任を追及されることはあるのだろうか。また、双方納得の上で穏便に辞めるためにはどんなことに気をつければ良いのだろうか。法律事務所を経営する立場にもある島野由夏里弁護士に聞いた。

●「バックレ」て辞めると、契約違反になる

「バックレて、つまり、無断で辞めると契約違反になり、雇用主に対して損害賠償する責任が生じます。現実的には、雇用主から責任追及があるケースは多くはないと思いますが、決してお勧めはできません」

島野弁護士はこう語る。

「そもそも、ちゃんと順序を踏めば、バイトは『簡単に辞められる』のです。期間が決まっていないアルバイトはいつでも解約の申し入れができます。そして、解約申し入れから2週間が経過すれば、仕事に行かなくても責任は問われません。ただ、もし契約期間があらかじめ決まっていれば、原則としてその期間内は勤務しなくてはいけませんが」

――もし、強く引き留められたら・・・・?

「期間があらかじめ決まっていないなら、雇用主にアルバイトを引き留める権利はありません。逆に無理矢理働かせるというのは人権問題にもなりかねません。つまり、きちんと辞めたいと伝えて、2週間待てばいいのです。『バックレる』必要はありません」

――でも実際には辞めにくいですよね。穏便に辞めるためのコツは?

「職場では、雇用主の立場が強く、アルバイトは弱いという雰囲気があるかもしれません。しかし、『辞める』ことについては、法律的にはアルバイトのほうが強いのです。労働条件について様々な規定がある労働基準法は、基本的に『労働者を守る法律』です。アルバイトを含む労働者が『自発的に辞めるのは簡単』ですが、雇用主が『辞めさせるのは難しく』なるように決まっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング