飲食店「生演奏・カラオケ」で音楽無断利用、JASRACが提訴…歌った客の責任は?

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月22日 9時58分

写真

関連画像

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月11日、生演奏とカラオケでJASRACが管理する音楽を無断利用したとして、静岡市の飲食店の経営者らに賠償を求める裁判を静岡地裁に起こしたことを発表した。

JASRACのリリースによると、同店はJASRACと利用契約を結ばないで、2008年に開店し、著作権料の督促にも応じなかった。このため、JASRACが2014年9月に静岡地裁に侵害行為を差し止める仮処分を申し立てたが、同店は廃業し、使用料は支払われなかった。その後、2015年に別の名前で営業を再開しているという。

JASRACは、提訴した理由について「多くの社交場の経営者が当協会との間で利用許諾契約を締結して適法に当協会管理楽曲を利用している」現状で、「公平の観点から、本件経営者らによる著作権侵害行為を放置できない」と説明している。

ネットでは「路上ライブなどの生演奏はどうなるのか?」といった疑問の声もあがっているが、飲食店などにおいて、楽器などで楽曲を演奏する行為は、著作権法上どのような問題があるのか。また、歌ったり、演奏したりした客には何の責任もないのか。高木啓成弁護士に聞いた。

●著作権には、「演奏権」という権利がある

「作詞・作曲して楽曲を作ると、その楽曲に『著作権』という権利が発生します。そして、JASRACは、作詞家・作曲家から著作権の管理委託を受けているので、楽曲の『著作権者』という立場になります。

『著作権』には『演奏権』という権利が含まれており、著作権者に無断で、公衆に向けて楽曲を演奏することはできません。

この場合の『演奏』にはカラオケ機器でのカラオケ利用も含まれます。ですので、飲食店が無許可で楽曲を生演奏したりカラオケ利用すると、『演奏権』侵害として、著作権侵害となります」

高木弁護士はこのように述べる。生演奏の場合は、楽曲に演奏者がアレンジを加えて演奏することもあるが、そうした場合も「演奏権」侵害になってしまうのか。

「アレンジを加えたとしても、元の楽曲を利用していることには変わりありませんので、『演奏権』侵害になることに変わりありません」

●路上ライブの場合も著作権侵害になる

聴衆からお金を取っていない、いわゆる「路上ライブ」のような場合も、「演奏権」を侵害したことになるのか。

「『演奏権』にも例外があり、(1)営利を目的とせず、(2)聴衆や観客から料金を受けず、(3)実演家(歌い手や演奏者)に対しても報酬が支払われない、という場合には、著作権者の許諾を得ずに、公表されている楽曲を公衆に向けて演奏することができます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング