法律上の根拠ナシ!? 会社の「執行役員」ってどんな立場なの?

弁護士ドットコムニュース / 2013年7月19日 16時25分

写真

関連画像

日本では、6月に会社の株主総会が集中する傾向がある。今年も多くの会社で株主総会が開かれ、新しい人事や組織に関する提案が採決された。人事の話といえば、株主総会を伝えるニュースでときどき目にするのが「執行役員」という言葉だ。

たとえば、通信大手・KDDIの株主総会では、株主から書面で寄せられた質問に対して、両角寛文・代表取締役執行役員副社長が回答したという。この場合、両角氏は「代表取締役」であると同時に、「執行役員」でもあり、かつ、「副社長」でもあるということだ。「代表取締役」と「副社長」はそれなりにイメージがつかめるが、「執行役員」とはどういう意味をもつのだろうか。

この「執行役員」については、会社によって、位置づけがさまざまだという。ただの「執行役員」という肩書きだけの者もいれば、専務や常務といったタイトルがつく者もいる。場合によっては、KDDIの両角氏のように取締役と兼任していることもある。

この「執行役員」という役職は、法律上、どのような意味をもっているのだろうか。取締役や部長・課長といった肩書きとは、何が違うのだろうか。会社法にくわしい河野祥多弁護士に聞いた。

●「執行役員」について、法律上は特に規定がない

――「執行役員」は法律的にどのような位置付けになるのか?

「実は、『執行役員』については、会社法で何も定められていません。部長や課長といった役職と同様に、あくまでも会社内で業務執行(現場実務)を担当する一般従業員の『リーダー』であることを示す肩書にすぎないのです」

――なぜ「執行役員」を社内に置く会社が多いのか?

「執行役員を置くことにより、取締役は実際の現場実務から距離を置いて『経営意思の決定』や『執行の監督』に専念することができます。同時に、取締役の人数も削減できます。その結果、経営判断のスピードアップや経費削減につながるというメリットがあります。1997年にソニーが執行役員を導入後、そのメリットが知られるようになり、多くの会社が執行役員制度を採用しています」

――「取締役」と「執行役員」はどう違うのか?

「会社法上、株式会社では取締役の設置が義務付けられています。執行役員のように置く・置かないを自由に決めることはできません。会社の経営方針を決定する者が必要不可欠だからです。両者は、取締役が会社の頭脳として経営方針を決定し、その決定に基づき、執行役員が現場実務を行うという役割分担をする関係にあります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング