タクシー強盗犯、運転手から説教+食事おごられて改心、自首…刑罰は軽くなる?

弁護士ドットコムニュース / 2017年3月30日 10時7分

写真

関連画像

乗車したタクシーで金を奪おうとしたものの、運転手に説教されて、その後に自首した20代男性が3月20日、強盗未遂の疑いで兵庫県警に逮捕された。

報道によると、男性は3月19日、兵庫県姫路市の路上に停車したタクシー内で、60代の男性運転手の髪の毛をつかみ、鋭利な金属を突きつけて「金を出せ」と脅迫し、金を奪おうとした疑いが持たれている。

だが、男性は運転手から「若いんやから、こんなことしたらあかん」と戒められたうえ、近くのファミレスで食事をおごってもらった。男性は改心して、姫路市内の交番に自首したという。今回のような自首は、刑罰にどんな影響をあたえるのだろうか。坂野真一弁護士に聞いた。

●「刑を軽くしてもよい」という効果を持つ

「ひどい目に遭いながらも、強盗犯を説得し、自首にまで導いたタクシードライバーの方は、きっと真剣に若者を思いやってあげたのでしょう。だからこそ、若者も、その気持ちに応えて改心し、自首する気持ちになったのだと思います。

仮に、この若者が起訴されて、刑罰を受けたとしても、もう二度と同じことはしないだろうと私は思います。若者は、タクシードライバーの方に未来を救ってもらったのだと思います」

坂野弁護士はこう切り出した。自首には、どんな影響があるのだろうか。

「まず、自首とは、捜査機関に犯罪が発覚する前に、罪を犯した人が、自発的に犯罪事実を申告して、訴追を含む処分を求めることをいいます。

自首の効果については、特に刑の免除が定められている刑法80条(内乱予備・陰謀、幇助等)、刑法93条但書(私戦予備・陰謀)などを除いて、『任意的な刑の減軽事由』とされています(刑法42条1項)。なお、刑事訴訟法上の定めでは、自首は、捜査のきっかけに過ぎません(刑事訴訟法245条)。

『任意的な刑の減軽事由』とは、簡単にいえば、裁判官が自首した人に刑罰を科すとき、その刑を軽くしてもよいという効果を持つことです。もちろん軽くしなくてはならない、というわけではないので、裁判官が判決で刑を軽くしなくてもまったく構いません」

●自首した場合のほうが起訴猶予を受ける可能性が高い

自首をすれば、なぜ刑を軽くしてもよいのだろうか。

「(1)犯人が反省して強く非難する必要性が減少すること、(2)犯罪捜査がやりやすくなることなどの政策的な理由が挙げられますが、現行法上、自首の要件として犯人の悔悟・反省が規定されていないことから、主な理由は(2)であると考えられています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング