「妻のすっぴんが別人すぎる!」は離婚する理由になる?

弁護士ドットコムニュース / 2013年8月13日 16時57分

写真

関連画像

交際相手にどのタイミングで「すっぴん」を見せるか、というのは、女性にとって結構悩ましいポイントかもしれない。相談サイトを眺めていると、「もしがっかりされたら……」とためらい、付き合い始めてすぐではなく、ある程度関係が落ち着いてから——という人が多いような印象を受ける。

だがもし、結婚するまで、ずっと化粧をした顔しか見せてこなかったらどうだろう。メイク後も印象が変わらない人も多いだろうが、場合によっては初めてすっぴんを見せたら、夫が自分だと気づいてくれなかった、ということもあるかもしれない。

ネット上では「彼女のすっぴんが全く別人で冷めてしまいました。別れたいです」といった書き込みが複数ある。もし結婚後、妻の「素顔」があまりにもメイク顔と違った場合、夫はそのことを理由に離婚ができるのだろうか。妻の側からすれば、「そんな狭量な夫とは別れたほうが正解」なのかもしれないが……。離婚問題にくわしい須山幸一郎弁護士に聞いた。

●民法が定めている「離婚原因」にあたるかどうかが問題

「まず大前提として、万が一、本音がそうであっても、さすがに別の理由で(価値観の相違など)離婚したいと伝えるのが一般的だとは思います。夫がかつらを取ったら別人だった、というケースも同様ですが、そういった理由で離婚を言い出すのはお勧めできません」

——それでは仮に、万が一、夫が露骨に「すっぴんが別人すぎる」ことを理由に離婚を求めた場合は?

「妻が応じてくれれば、『協議離婚』は可能です。しかし、妻がこれに応じない場合、『離婚調停』の申し立てをしなければなりません。

我が国では、いきなり離婚訴訟を起こすことは原則として認められておらず、まずは調停を経るよう求められているからです(調停前置主義)」

——それでは、調停でうまくいかなかった場合に初めて訴訟になる?

「そうですね。その場合、離婚訴訟を提起することになります。ただ、訴訟となれば、民法が定めている『離婚原因』のどれかに当たるということを主張し、立証しなければなりません。

民法には次の5つの離婚原因が列挙されています。

(1)不貞行為

(2)悪意の遺棄

(3)3年以上の生死不明

(4)回復見込みのない強度の精神病

(5)その他婚姻を継続しがたい重大な事由

『すっぴんが別人すぎる』は(1)〜(4)には当たりませんので、(5)に該当すると主張することになります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング