1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

ペット霊園が突然閉鎖、遺骨が散乱して「我が子」が行方不明に…業者の法的問題は?

弁護士ドットコムニュース / 2017年4月28日 9時51分

写真

関連画像

「我が家の子はどうなったのでしょうか…」「うちの子を返して下さい」ーー。閉鎖したペット霊園で、利用者に十分な連絡が行き渡らないまま、墓の撤去作業などが進められていると、ネットで話題になっている。事業者のHPは4月21日現在も公開されているが、電話番号はすでに使われていない。

このペット霊園は、大阪府枚方市の「宝塔」(ほうとう)。今年1月に閉園し、4月から取り壊し工事を行なっていたと見られる。4月19日に、ツイッターユーザーの蜂蜜禰悶さん(@hgd2525)が投稿した園内の写真からは、散乱した墓石や遺骨の山を確認することができる。

特に問題なのは、利用者に十分な連絡がいかないまま、取り壊しが進められていることだ。ペット葬儀の口コミサイト「ペット葬儀マップ」に、友人から閉園を聞き、慌てて駆けつけたという利用者の書き込みがある。投稿によると、4月17日には園内は掘り返されており、「我が子」の亡骸を見つけることはできなかったという。「亡くなった悲しみを乗り越えた後にこのような悲しみがくるなんて想像もしてませんでした…」(投稿より)

ペットの墓を掘り返したり、勝手に処分したりすることは問題ないのだろうか。ペット問題に詳しい鈴木智洋弁護士に聞いた。

●刑法には抵触しないが、契約不履行や不法行為になる可能性も…

ーーペットの墓を掘り返しても良いの?

人間のお墓を勝手に暴いたり、中の骨を処分したりした場合、刑法上、「墳墓発掘罪」や「墳墓発掘死体損壊等罪」に該当します。しかし、これらの罪はペットなどの動物のお墓や骨の場合を想定していませんので、本件でもこれらの罪には該当しません。

また、ペットの骨を山積みにして放置していると言うことですが、ペットの骨は産業廃棄物にも該当しませんので「産業廃棄物処理法」に違反することもありません。

ーー霊園HPの説明では、自然葬(埋葬)の場合「7回忌まではお墓にいます」とある。墓の撤去は契約違反にならない?

一般にペット霊園と飼い主との間の契約は、お墓部分の土地の賃貸借契約や、ペットの遺骨を保管するという寄託契約の形態をとるものが多いようです。その他、様々な形態がありますが、いずれにしても、一定の期間を区切りながら、契約を更新していく形態をとっていることが多いようです。

今回の事案においては、霊園と飼い主との間の契約の形態や内容がハッキリしていませんが、仮に、契約の期間内に飼い主の承諾を得ることなく一方的に霊園側がペットのお墓を撤去したり、骨を取り出して遺棄したりしたということであれば、契約不履行や不法行為ということにはなると思われます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング