検察官はなぜ「起訴猶予」にしたがるのか? 元検事が明かす「現実的な理由」

弁護士ドットコムニュース / 2013年8月14日 20時53分

写真

関連画像

検察官が事件の容疑者を裁判にかけないと決める「不起訴」。大きく扱われる逮捕に比べると、不起訴には地味なイメージがあるかもしれない。しかし例えば、無実の人にとっては、不起訴は自分の名誉を回復するための重大な局面でもある。

ところが最近は、なぜ容疑者を不起訴にしたのかという理由を、検察が発表しなくなってきているという。東京新聞によると、2013年6月までの過去1年間、報道機関が東京地検に発表を求めた27事件のうち、実際に理由が発表されたのは13事件にすぎなかった。識者からは「きちんと説明するべきだ」と検察の姿勢を疑問視する声が出ているようだ。

では、そもそも容疑者が「不起訴」になるのはどんなケースで、それぞれどんな理由があるのだろうか。また、検察官が理由を公表しなくなってきたとされる点について、弁護士はどうみているのだろうか。元検事で、刑事事件にくわしい工藤啓介弁護士に聞いた。

●「不起訴」の場合は、できる限り理由を明らかにすべき

「不起訴処分とは、検察官が捜査をした結果、被疑者を起訴しないという処分です。不起訴処分にはさまざまな理由がありますが、区別が付きにくいのは『起訴猶予』と『嫌疑不十分』でしょう」

――「起訴猶予」と「嫌疑不十分」はどう違う?

「検察官には起訴するかどうかについて、広範な裁量が認められています。そして犯罪が成立する場合でも、さまざまな事情を考慮して起訴をしないことができます。これが起訴猶予です。

また、犯罪の嫌疑はあるけれども、有罪の見込みが低い場合は、検察実務としては起訴しません。これが嫌疑不十分です。このほか、頻度がグッと下がりますが、『真犯人』が見つかった場合などには『嫌疑なし』というケースもあります。

理論上はこのように分けられますが、判断するのは検察官ですので、ある程度『裁量』が働きます」

――その「裁量」とはどんなこと?

「実は、検察官は『起訴猶予』にしたがります。その方が自分たちの仕事上のメリットがあるからです。

まず一般に、起訴猶予の方が『警察や検察のメンツを保つことができる』と考えられます。また、嫌疑不十分とするための『不起訴裁定書』には犯罪が成立し難い理由を詳細に理由付けしなければなりませんが、起訴猶予処分であれば『犯情軽微』あるいは『従属的犯行』などと簡単に理由付けすることができます。

そこで、上司(決裁官)がこだわらない人なら、判断が分かれる場合、『嫌疑不十分』とせず、『起訴猶予処分』で済ますこともあるのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング