もし動物園のライオンが「ニセモノ」だったら? 入園料を返してもらえるか

弁護士ドットコムニュース / 2013年8月28日 11時0分

写真

関連画像

アフリカライオンの檻にいたのは「犬」だった!? 中国河南省の動物園が、ライオンの代わりに「犬」を、ヒョウの代わりに「キツネ」を展示し、来園者の怒りを買ったと、CNNなど各国メディアが報じている。

動物園の責任者はCNNの取材に対し、ライオンとヒョウを檻から別の場所に移したのは「繁殖のため」と説明。また、ライオンの檻に大型犬のチベタン・マスティフを入れたのは「安全上の懸念からだ」と釈明しているらしい。

しかし、繁殖で檻にいないなら、正直にそう書けば良いだけだ。犬を入れる必要はない。偽装も言い訳もあまりにもお粗末な話だが、万が一日本で、動物園がこのようなことをしたら、客は「入園料を返せ」と言えるのだろうか。また動物園が檻に他の動物を入れて知らんぷりを決め込むという行為自体、日本なら何らかの犯罪にあたるのだろうか。西田広一弁護士に聞いた。

●動物園が「債務不履行」となる場合とは?

「動物園と入園客との間では、入園料を支払って動物を観覧するという『動物観覧契約』とでもいうものが成立していると考えられます。その動物観覧契約において、動物園側は、通常観覧できる動物を園内で観覧させる義務を負います」

このように西田弁護士は、動物園と入園客の間の「契約」について説明する。

「動物園で通常観覧できる動物の中には、ライオンやヒョウなども当然入っており、多くの入園客が見たい動物といえるでしょう。ですから、何らかの事情によりこれらの動物がいない場合には、事前に告知しておくべきであり、その告知をしていなければ、債務不履行となると考えられます」

では、ライオンやヒョウがいなかった場合、客は入園料を返せといえるのだろうか。

「他の多くの動物を観覧できている以上、通常は難しいでしょうね。ただ、大半の動物を観覧できず、そんな動物園であれば入園しなかったといえるような場合には、入園料の返還請求ができると考えられます。そこまで至らない場合には、精神的苦痛に基づく慰謝料支払義務を負うか、という程度の問題となるでしょう」

●動物園の「偽装工作」があれば慰謝料が認められる可能性もある

そうすると、入園客は「ライオンが見られなくてショックだった」といって、慰謝料を請求できるのか。これもまた、なかなか微妙な問題のようだ。

「ライオンやヒョウを見れなかったという程度では、慰謝料支払義務を肯定することは難しいでしょう。ただ、動物園が、ライオンやヒョウの代わりに別の動物を入れておく『偽装行為』を行なった場合は悪質といえ、見た人の怒りの感情も強くなるでしょう。そのような場合には、動物園の慰謝料支払義務が認められる可能性もあると思われます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング