アイドルファンの遠征で横行する「キセル手助け」の常套手段「MK」、どんな罪?

弁護士ドットコムニュース / 2017年12月13日 10時0分

写真

関連画像

アイドルグループ「HKT48」や声優のファン仲間が、各地で開かれるイベントやコンサートのために、新幹線を利用する際、交通費を浮かせるためにキセルを手伝っていたとして11月下旬、無職の男性と都内の男子大学生が逮捕されたと報じられた。キセルをしていた男性会社員ら3人も、書類送検されている。

無職の男性は9月11日、JR東京駅構内で、入場券のみで新幹線に乗車して来た男性会社員ら2人と待ち合わせて入場券を渡し、自動改札機を通過させて、広島駅からの電車賃を免れさせた疑い。男子大学生は9月17日、新幹線で岡山駅から乗った別の会社員男性のキセルを助けようと、東京駅改札内に侵入した疑い。

こうした手口は、ファン仲間の間で「MK 」(迎え)と呼ばれ、SNSのネットワークで横行しているという。一体、どのような罪に問われるのだろうか。甲本晃啓弁護士に聞いた。

●有人改札だったら「詐欺罪」自動改札だったら「電子計算機使用詐欺」

今回、キセルを助けた無職の男は「電子計算機使用詐欺容疑」、男子学生は「建造物侵入容疑」で逮捕され、キセルをした会社員3人は「鉄道営業法違反」で書類送検されたと報じられている。キセルをした場合と、キセルを手助けした場合と、それぞれどのような罪にあたる?

「『キセル』とは、入場券や隣駅までの乗車券を使って乗車駅の改札を入場し、下車駅では別の乗車券などを使って出場して、正規の運賃の支払いを免れる行為をいいます。

キセル行為により、有人改札や窓口から出場した場合には、係員を騙して正規運賃の支払いを免れて財産上の利益を得ているので『詐欺罪』(刑法246条2項)が成立し、今回のように自動改札から出場した場合には『電子計算機使用詐欺罪』(刑法246条2)が成立します。どちらも10年以下の懲役刑にあたる犯罪です。

『詐欺罪』は人を騙すことが要件ですが、自動改札機は機械ですので『人を騙す』という行為が観念できません。刑法が作られた明治時代には機械の不正操作によって利益を得るという事態は想定されていませんでした。

それでは困るということで、今から30年ほど前、偽造テレホンカードが横行したのを契機に『電子計算機使用詐欺罪』が設けられました。キセルについては、正しく入場したものでない乗車券を自動改札機に投入することが、電子計算機の不正操作にあたると判断して『電子計算機使用詐欺罪』の成立を認めた裁判例があります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング