盗まれた絵が競売で落札 「元の所有者」は美術品を取り戻せるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年8月30日 16時35分

写真

関連画像

東京の住宅から盗まれたルノワールの油絵が、英国の競売で落札されていたことが報道され、話題になっている。問題の絵画は、ルノワールが1903年に描いた「マダム・ヴァルタ」。警視庁によって窃盗事件として捜査されていたが、海外の盗難美術品データベースに登録されていなかったため、競売会社は盗品と知らずに競売を行ったとみられている。

これは海外のケースで、元の所有者は取り戻すのがなかなか難しそうだが、盗まれた美術品が日本で競売にかけられたとしたら、どうなのか。盗品が落札された場合、元の所有者は落札した人に「美術品を返してくれ」と求めることができるのだろうか。田沢剛弁護士に聞いた。

●「取引の安全」を守るための「即時取得」という制度

「わが国の民法192条は、『取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する』と定めています。これを『即時取得』(善意取得)といいます」

このように田沢弁護士は「即時取得」の規定を紹介する。ここでの「善意」は、一般社会で使われる意味と違い、「ある特定の事実を知らないこと」という意味だ。今回のケースでいえば、絵画が盗品であることを知らないことを「善意」というのだ。法律用語独特の意味である。

つまり、たとえ絵画が盗品だったとしても、そのことを知らず、かつ、知らなかったことについて過失もない場合には、その絵画の所有権を取得できるということだ。

「なぜ、このような即時取得の制度が設けられたかというと、動産は不動産と違って取引が頻繁にあり、通常はそれを占有(所持)している者が、真の所有権ないし処分権利者であることが一般的であるため、これを信じて取引をした者を保護することが必要だと考えられているためです」

●美術品が盗まれて、競売で落札されても、2年以内なら取り戻せる

この即時取得の制度が、典型的なシーンとして想定しているのは、「自分の物を他人に預けていたところ、勝手に売却されてしまった」というような状況だ。

「つまり、自らの意思で物の占有を他人に委ねていた場合には、処分されてしまったときのリスクを考えなければならない、ということです。被害を受けた元の所有者よりも、善意で(知らないで)取得した第三者のほうが保護されるべきだ、という価値判断から設けられた制度といえます」

このような点から、盗難の被害にあった場合など、自らの意思で物の占有(所持)を他人に委ねたわけではない場合には、「即時取得の例外」が定められているという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング