無実訴えた「獄友」5人、獄中に計155年「不運だけど、不幸じゃなかった」前向きな姿を映画に

弁護士ドットコムニュース / 2018年3月24日 9時30分

写真

関連画像

5人の獄中の生活は、合わせて155年――。「袴田事件」の袴田巖さん(82歳)、「狭山事件」の石川一雄さん(79歳)ら、冤罪を訴える被害者などの、釈放後の日常生活に密着したドキュメンタリー映画『獄友』が3月24日から公開される。

7年間にわたり、彼らを撮り続けた金聖雄監督(54歳)は、「刑務所という限られた小さな社会の中で、喜びを見つけて生きてきた。シャバに出て前向きに生きる、その姿を見てほしい」と話す。金監督に話を聞いた。(ルポライター・樋田敦子)

●映画制作の原動力は「なんでやねん」という憤り

映画に登場するのは、5人の男性だ。無罪が確定した人もいれば、まだ確定できずにいる人もいる。

無罪が確定したのは、刑務所で29年間過ごした「布川事件」の桜井昌司さん(71歳)と杉山卓男さん(2015年に死去、享年69歳)。もう1人、「足利事件」で再審無罪が確定した菅家利和さん(71歳)は、17年6か月を過ごした。

残り2人の「獄友」が、現在も裁判で争っている袴田巖さんと石川一雄さんだ。

袴田さんは、1980年に死刑が確定した。無実を訴え続け、2014年にようやく再審決定し、48年ぶりに釈放されたが、検察は即時抗告。東京高裁が今春にも再審の可否を判断する見通しだ。もう1人の石川さんは1審で死刑、2審で無期懲役が確定し、1994年に仮釈放された。獄中生活は31年7か月に及んだ。現在、第3次再審請求中である。

金監督はこれまで、『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』『袴田巖 夢の間の世の中』を制作し、今回の『獄友』で、冤罪3部作目となる。

「社会派ですね、とよく言われるのですが、冤罪に対し強い問題意識があったわけではありません。世間にある理不尽なことに怒りは感じますが、こぶしを振り上げて抗議するのはむしろ苦手なタイプです。それでも『なんでやねん』とごく普通に疑問を持ったり怒ったりすることに対してノーとは言いたくないだけなのです」

●「正義を振りかざすのではなく、ありのままを撮りたい」

そんな金監督を冤罪3部作に向かわせたのは、2010年夏の石川さんとの出会いだった。人権啓発ビデオの制作で狭山事件を取り上げたことがきっかけだ。

「事件に関する本を読んで、自分なりの石川さん像や事件のイメージを作り上げていったのですが、全く違いました。これこそが偏見ですね。撮影で日常生活に入り込んでいくうちに、石川さんや妻の早智子さんが素敵な人たちだと思うようになっていきました。人権や差別に対して正義を振りかざした作品ではなく、ありのままを撮りたいと思いました」

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング