巧妙なストーリーで金をだまし取る・・・ニセ芸能人が誘いこむ「サクラサイト」の実態

弁護士ドットコムニュース / 2013年9月13日 19時25分

写真

関連画像

「遺産を受け取ってほしい」「相談にのってくれたらお金を払う」。突然、魅力的な異性や芸能人、資産家などから、こんな「誘い」のメールが届く。相手とやり取りを続けていると、いつの間にかサイトに誘い込まれ、登録料や有料サービスの利用料など、多額のお金を支払うことになる・・・

こういった手口は「サクラサイト商法」と呼ばれている。

「こんな手に引っかかるはずはない」と思う人も多いだろうが、国民生活センターへの被害相談は後を絶たないようだ。被害者たちは、なぜだまされるのだろうか。サクラサイト商法の実態にくわしいに石渡幸子弁護士聞いた。

●被害者の疑念を払拭する「巧みな言い訳」が用意されている

「サクラサイト商法は、未だに多くの被害を出しています。芸能人のマネージャーや関係者を名乗るメールで被害に遭うケースも、一時期よりは下火とはいえ、いまだにあります」

芸能人や関係者が突然連絡してくるはずがないのは、普通に考えればわかるはずだと思うが・・・。

「被害者も当然、最初はそういった疑念を持っています。ところが、その疑いを払拭する巧みな言い訳やストーリーが、業者によってちゃんと用意されているのです。そして、ひとたびやりとりを始めてしまうと、被害者は同情心や義侠心に付け込まれ、自発的にはやめられない心理状態に追い込まれてしまいます」

被害者はそうしてサクラサイトに引きずり込まれ、長期間、有料メールの送受信をさせられて多額の利用料金を業者に支払ったり、アドレス交換のためなどとして、多額の費用を業者に支払うはめになるという。

他にはどんなケースがあるのだろう。

「会社経営者や医師、弁護士等を詐称するサクラメールも多いですね。謝礼金や人助けなど、口実はさまざまですが、最終的に高額の費用を支払わされるのは同じです」

●被害者がメール交換する相手は、サイト業者が雇用した「アルバイト」

やり取りを続けさせられる……と言われても実感がわかない部分もある。なぜ、そんな事態に陥ってしまうのだろうか。何かおかしいと気づいた時点で、すぐにやり取りを中止するわけにはいかないのだろうか。

「そこは相手も巧妙で、被害者がメール交換を辞められないような設定が事前に作り上げられているのです。たとえば、メール交換を続けなければ、別の『第三者』に迷惑がかかるといった設定です」

こうした第三者は「メールを止めないでと懇願してくる人」の場合もあれば、「続けろと脅迫してくる人」の場合もあり、複数人が登場するケースもある。こうした登場人物はすべてが業者側のサクラだという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング