「身に覚えがない」ときでも、警察の要請があれば「出頭」したほうがいいのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年9月14日 16時0分

写真

関連画像

スピード違反の出頭要請に応じず逮捕――。スピード違反というと青、赤のいわゆる「切符」が渡されるというのが定番だが、逮捕にまで至るケースもあるようだ。

報道によると、約1年5か月のあいだに15回も出頭要請を受けたのに応じなかった40代の男性が8月下旬、埼玉県警に逮捕された。男性は昨年3月、さいたま市内の国道で軽自動車を運転しているとき、法定速度(60キロ)を41キロ超える時速101キロで走行した疑いがもたれている。

自動速度取り締まり装置で検出され、警察が郵送などで15回にわたり出頭要請したが、応じなかった。男性は「身に覚えがないので出頭しなかった」と供述しているという。はたして、身に覚えがなく、自分は無実だと考えている場合でも、要請があれば出頭しなければいけないのか。道路交通法にくわしい池田毅弁護士に聞いた。

●「赤切符」を切られると、裁判手続で処理されることになる

まず、一概にスピード違反といっても「青切符」と「赤切符」で違いがあるという。高速道路で40キロ以上、一般道路で30キロ以上の速度超過の場合、赤切符となる。それより小さい速度オーバーならば、青切符だ。

「今回の事件は、一般道で法定速度を41キロも超えているということなので、青切符のときのように『反則金』では済まずに、刑事裁判手続で処理されるケースです」

今回のような事件のときは、警察、検察の捜査を経て(略式)裁判で罰金刑などの刑事処分が決まるという流れになるという。略式とはいえ、裁判となる事件のようだが、警察には出頭する義務があったのか?

「警察から出頭要請があった段階では、いわゆる任意捜査ですから、法的な義務かどうかといえば、義務ではないともいえます。

しかし、警察が出頭要請をするということは、既に警察はある程度の証拠をもっていることが予想されます。特に、今回の場合、自動取り締まり装置で速度やナンバー、顔写真が記録されているはずです」

●裁判所が「逃亡の恐れあり」と判断すれば、逮捕されることもある

警察への出頭は法的義務ではないのだが、「見に覚えがない」と無視を決め込んでいれば警察が見逃してくれる、というわけではないらしい。

「逮捕は、裁判所の『令状』に基づいて行われますが、逮捕令状は、犯人と疑う証拠があって、かつ『逃亡』の可能性がある場合などに発布されます。ですから、スピード違反の疑いがあるとして警察からの呼び出しを受けているのに、それを無視していると、逃亡する可能性があるとして逮捕状が出ることは十分ありえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング