3度の離婚、4度目は「事実婚」で 女性弁護士が語る「婚姻届を出さないからこそ生まれる絆」

弁護士ドットコムニュース / 2018年8月5日 9時23分

写真

関連画像

ブロガーで作家のはあちゅうさんが7月15日、自身のツイッターでAV男優のしみけんさんと事実婚の手続きを取ったと発表し、事実婚への関心が集まっています。

離婚や男女問題に注力している原口未緒弁護士は、3度の離婚を経験し、3年ほど前に4度目の結婚として事実婚を選びました。現在は2歳になる子どもを育てている原口弁護士。事実婚とその結婚生活について、話を聞きました。

●法律婚にメリットはないと感じた

ーー事実婚の3年を振り返っていかがですか。

生まれた子どもを絆に、子育てに追われるあっという間の3年間でした。妊娠して子どもが生まれて、訳のわからないまま1年が終わり、ようやく今落ち着いてきたところです。夫の存在は一緒に乗り越えてきた戦友のような感じです。

ーーなぜ事実婚を選んだのでしょうか。

3回の結婚と離婚を経て、法律婚にメリットはないなと感じたからです。私は扶養には入れません。また、名前を変えるので、あらゆる名前変更の手続きが非常に面倒臭いのです。離婚して名字を戻したこともありますが、その際も大変で、もう名前変えるのは嫌だなと思っていました。

また、普段男女問題を中心に法律相談を受ける中で、女性たちが妻であることや籍を入れたことに固執して振り回されている姿も見てきました。私もそうだったので、「結婚したんだから〜〜するべき」とついつい重くなってしまう気持ちは分かります。それで「結婚ってなんのためなんだろう」という本質的なところが気になりだしたんです。

次にもし結婚することがあったら、あえて籍を入れずに、法律によって守られる妻の権利というものがなくても結婚できるということを示したいと思っていました。

●「自分は外れ者」と言う感覚があった

ーー3回目の離婚の後に、考え方がガラリと変わったのですね。

はい。過去の結婚では、私も相手に対して「夫だから」という理由で期待したり依存したりしていました。3回目の離婚をした後に、一度立ち止まって自分を振り返ったんです。心理学などを勉強して、「こうでなければいけない、というものはない」と思うようになりました。固定概念を壊すことで、視野が広がったんです。

初婚は30歳でした。その頃には周りの友人も結婚し、1〜2年で子供ができ、出産や育児と次のライフステージに進んでいきました。一方で、私の場合、結婚してからすぐに子供ができなかったんです。結婚してから、期間がポカーンとあいてしまった。そうすると仕事に生きるしかなくて。30歳までに結婚、それから子供を産むという「世の中のレール」から外れてしまったような気持ちになりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング