「日本が前進していることの表れ」杉田議員「LGBT生産性がない」炎上について考察

弁護士ドットコムニュース / 2018年8月8日 10時6分

写真

関連画像

自民党の杉田水脈衆院議員が、月刊誌『新潮45』への寄稿文で、セクシャル・マイノリティの人たちについて「生産性がない」などという考えを示したことが批判をあつめている。自民党は8月1日、公式サイト上で「個人的な意見とはいえ、問題への理解不足と関係者への配慮を書いた表現があることも事実である」として、杉田議員本人に対して、十分に注意するよう指導したと発表した。

●杉田議員「LGBTのカップルは子どもを作らない、つまり生産性がないのです」

問題になった寄稿文をふりかえる。杉田議員は、月刊誌『新潮45』(8月号)で次のようにつづった。

「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」

「例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」

「なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう」

このような内容を受けて、インターネット上では、「セクシャル・マイノリティ(LGBTなど)に対する差別だ」といった批判の声があがった。東京・永田町の自民党本部前では、杉田議員の辞職をもとめる抗議行動が起きた。障害者や難病患者の支援団体も組織を立ち上げて、抗議の意思を示していくとしている。

あらためて、「LGBTは生産性がない」という言葉をどう考えるべきなのか。セクシュアル・マイノリティの問題にくわしい原島有史弁護士に聞いた。

●「党執行部の認識があらためて問われることになる」

「杉田議員が『新潮45』(8月号)に寄稿して以降、これまでに多くの識者や団体、メディアなどが批判のコメントを発表しています。このような中、自民党は8月1日、公式ホームページにおいて、『個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある』とのコメントを発表しました。

しかし、杉田議員本人からは謝罪や撤回などの真摯な対応は見られず、ネット上では今も杉田議員だけでなく、自民党の姿勢についても疑問視する意見が相次いでいます。

実際、寄稿文が批判された当初(7月22日)、杉田議員はツイッターで<『間違ったこと言ってないんだから、胸張っていればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださる><自民党の懐の深さを感じます>と投稿していました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング