非正規滞在の収容長期化「夫は悪いことしてない」「子ども泣いてる」、家族が苦境訴え

弁護士ドットコムニュース / 2018年9月18日 19時9分

写真

関連画像

非正規滞在の外国人たちが、長期間にわたって入国管理局の施設に収容されたり、理不尽な強制送還にあったりするなど、深刻な人権侵害を受けている――。学生や社会人を中心とした支援グループが9月18日、東京・永田町の参議院議員会館で院内集会を開いて、国に対して、収容のあり方の見直しをもとめた。また、被収容者の妻が登壇して、「夫はなにも悪いことをしていない」とうったえた。

●「実情から乖離している」

院内集会の主催は、「長期収容に反対する全国ネットワーク」と、学生を中心としたグループ「BOND」(バンド・東京)、「START」(スタート・東海)、「TRY」(トライ・大阪)。今年7〜8月、各地の収容施設をおとずれて、実態調査をおこなったところ、収容期間が長期化していること、まともな医療を受けられていないこと、残された家族が追い詰められていること――などがわかったという。

支援団体・バンドのメンバーである男性(高校3年)は「非正規滞在者に対する不当な人権侵害が、なぜ繰り返されているのか、1人の人間として、若者として純粋に疑問をおぼえます」「非正規滞在者の中には、(難民など)日本で生活し続ける妥当な理由を有している人がいます」「帰国が見込めないのに、長期・複数回にわたって収容するのは、実情から乖離していて、見直すことが必要です」と述べた。

●被収容者の妻「わたしは疲れた」

入管の施設をめぐっては、被収容者の自殺が発生するなど、その内部の環境がクローズアップされている。また、収容の長期化は、家族にも暗い影を落としている。この日の集会には、約1年8カ月間収容されているトルコ籍のクルド人男性、カラコール・オマルさん(32)の妻と子ども3人が登壇。妻のセムラさん(32)は「わたしは疲れた」と涙を流しながら語った。

支援団体・スタートの桐田真衣さんによると、クルド難民として来日したオマルさんは2017年1月、仮放免の手続きで、妻と一緒に入管に来たところ、そのまま収容された。残されたセムラさんは当時、日本語ができず、どうやって入管から家に帰るかもわからないような状態だったという。

しかも、セムラさんは、次女・アダちゃん(現在:1歳3カ月)を妊娠しており、一家の大黒柱を失ったまま、1人で出産することになった。「子ども、1歳3カ月なったのに、(夫は)まだ出れてない」「子どもたち毎日、『パパどこ』言う。いっぱい泣いてる」「(夫は)ビザ切れたけど、なにも悪いことしていない」(セムラさん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング