150万円「シャンパンタワー」、キャンセルしたらホストに「100万円」請求された!

弁護士ドットコムニュース / 2018年10月18日 9時49分

写真

関連画像

ホストやキャバ嬢のバースデーを盛り上げる豪華シャンパンタワー。最低でも数十万円、最高額は数千万円ともいわれるシャンパンタワーですが、このキャンセル料をめぐり、客と従業員の双方から弁護士ドットコムに相談が寄せられています。

ホストクラブに通うある女性は150万円のシャンパンタワーをキャンセルしたところ、「キャンセル料が100万円かかる」と言われ、支払うべきなのか悩んでいます。

一方で、「タワーの準備やシャンパンの仕入れ、従業員の増員までして待っていましたが全て無駄になってしまいました」「キャンセル料は取れますか?」と途方に暮れるキャバクラの従業員もいます。

どちらも口約束だったとのことですが、キャンセル料を支払う義務はあるのでしょうか。あるとすれば、その額はいくらぐらいが妥当なのでしょうか。ナイトビジネスに詳しい若林翔弁護士に聞きました。

●高額すぎるキャンセル料は「無効」となる可能性も

ーーシャンパンタワーを入れるという口約束をしただけの場合でも、キャンセル料を支払わなければならないのでしょうか。

「口約束であっても、具体的な内容についての合意ができていれば契約は成立します。どのシャンパンを何本使用し、その金額がいくらなのかということについて、合意ができていれば事前に契約は成立しているといえるでしょう。

ただ、実際に口約束だけで証拠となるようなものがないとなれば、その約束(契約)の存在や内容について立証するのは困難になります。

そして、契約が成立したにも関わらず、一方的にお客さんの方からキャンセルをするということは、シャンパンタワーを注文する契約についての債務不履行があるといえ、キャンセル料というよりは損害賠償を払う必要が生じます」

ーー事前にキャンセル料に関する説明を受けていた場合や規定がある場合はどうなるのでしょうか。

「事前にキャンセル料についての合意がある場合は、その合意(契約)に従ってキャンセル料を支払う義務を負うことになります。

ただし、事前に合意したキャンセル料が、実際にかかるであろう損害と比べてあまりにも高額である場合などの事情があれば、公序良俗に反して無効だと判断される可能性があります」

●キャンセル料は個別に判断されることになる

ーーキャンセル料を支払わなければならない場合、金額はいくらが妥当なのでしょうか。

「シャンパンタワーのキャンセル料についての規定や事前の合意がない場合には、シャンパンタワーの注文をキャンセルした債務不履行によって生じた損害を支払う義務を負うことになるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング