「私たちも人間」救急医が厳しい勤務告白…デーモン閣下「心に響く」医療のかかり方会合

弁護士ドットコムニュース / 2018年10月22日 18時42分

写真

関連画像

デーモン閣下が構成員となっている厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」(座長:渋谷健司・東大院教授)の第2回会合が10月22日、東京都内で開かれた。現役の若手救急医が、月に2日しか休めないなど厳しい労働環境であることを報告。改めて、医師の「自己犠牲」のうえに成り立っている現場を改善する必要性が共有された。

●月の宿直6回、たった8人で年中無休の現場対応

懇談会は医師の働き方改革を進めるうえで、患者側の理解を得る必要があると考え厚労省が設置したものだ。この日の会合では、東京女子医大東医療センター救命救急センターの赤星昂己医師(20代)が自らの勤務状況を説明。現場がきわめて過酷な状況であることが示され、懇談会の構成員たちは少なからずショックを受けた様子だった。

赤星医師の説明によると、勤務先(集中治療室20床、一般床10床)ではセンター長らを含め8人の医師で365日24時間、救急対応と入院患者の管理をしているなか、昨年は都内3位となる1855件(重症患者)もの搬送があったという。赤星医師の場合、週99時間勤務し、月の宿直は6回、完全に休めるのは月2日程度だったこともあった。

また、赤星医師は自らの経験として、ある猛暑日のエピソードを紹介した。頭痛を訴える患者が搬送され、直後に胸痛を訴える患者の救急要請が入ったが、ベッドや人手が足りずに受け入れられないことがあったという。頭痛を訴えた患者は、実は1年前から時々頭痛があり、「今日は暑くて熱中症が心配で」と救急要請をしていたことは後からわかった。

「緊急度の低い患者さんの受け入れが多くなると、緊急度の高い患者さんを受け入れできなくなる」と赤星医師。救急医もひとりの人間で、睡眠時間が全く取れず朝から一度も食事をとれないこともあり、その結果、無意識に集中力が低下していることがあるかもしれないと指摘し、「それでも患者さんが来院されれば全力で診ています」と述べた。

●時間外受診は「お互いに損」

一方、夜間休日の時間外受診は「お互いに損」だと赤星医師は強調した。それは、お金が余分にかかり検査が完璧にできないだけでなく、薬も数日分しか処方ができないこと、そして疲弊した医師が対応する可能性があることなどからだという。

赤星医師は、不必要な時間外受診だけでなく、内科医が外傷の診断をするなどミスマッチを防ぐため近隣で受診すべき医療機関を教えてくれる「アプリ」の開発を提案。さらに、このような問題に全く興味を抱かない人へも届くよう、報道機関やSNSを活用した世論形成が必要だと指摘した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング