「子どもの未来を守るために」 紙芝居で「憲法の大切さ」を伝える若手弁護士たち

弁護士ドットコムニュース / 2013年10月30日 15時30分

写真

関連画像

憲法改正を公約とする安倍政権のもと、これまでになく憲法の改正に向けた機運が高まっている。与党・自民党は昨年4月に独自の憲法改正草案を発表しているが、その内容は現行憲法よりも個人の自由を制限する色彩が強いと指摘されている。そんな改憲案に危機感を抱いた若手弁護士たちが今年1月、「明日の自由を守る若手弁護士の会」を結成した。

同会は、弁護士登録15年目までの若手弁護士たちで構成され、地域での学習会や講演で、近代憲法のエッセンスである「立憲主義」(憲法にもとづいて、国民が権力をコントロールするという考え方)をわかりやすく伝える活動をしている。

親しみやすいイラストの紙芝居「王様をしばる法~憲法のはじまり~」を使った憲法解説など、若手らしい柔軟な発想による活動が話題を呼び、メディアでもたびたび紹介された。その活動について、同会共同代表で元弁護士(育児のため休業中)の黒澤いつきさんに聞いた。

●目が飛び出るくらいに衝撃を受けた自民党の「憲法改正案」

「これは憲法じゃない、日本は民主主義じゃなくなるのではないかと、目が飛び出るくらいに衝撃を受けました」

自民党が発表した改憲案を初めて見たときの感想を黒澤さんはこう語る。

「改憲案の13条と21条に書かれた『公益および公の秩序』という言葉によく表れています。この言葉のもと、国家が国民の基本的人権を制約するようになるんだな、と。『憲法は国民が国家などの権力を縛るもの』という近代の常識では考えられないことです」

改憲案をこのように受け止めた黒澤さんは、昨年12月の衆院選で自民党が政権に復帰すると、すぐに動いた。

「朝のニュースを見て、自民党の政権復帰を知ったとき、『ああ、憲法が変えられる』と恐怖を感じたことを覚えています。そしてすぐに自分の子どもの顔が頭をよぎりました。この子の未来を守るために自分が何かしなければ、と」

●まずは憲法について「知ってもらう」

黒澤さんは、かつての弁護士仲間に連絡をとり、そして同会を結成することになった。

「多かれ少なかれ法律家たちは、衝撃を持ってこの改憲案を受け止めていたはずですから。世論はそれほど関心を示さず、メディアも沈黙しているように感じて、焦りもありました」

まずは、憲法やその背景にある「立憲主義」という考え方について、『知ってもらうこと』から取り掛かった。改憲案をダイジェストで伝えるリーフレット(冊子)を作成し、現在までに約15万部を販売したという。さらに、学習会や講演で説明するときに使えるように、わかりやすい「紙芝居」も作った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング