長時間労働で脳こうそく、証拠は「部下の日誌」 自動車販売の店長が勝訴

弁護士ドットコムニュース / 2019年1月21日 10時7分

写真

関連画像

長時間労働や残業代が出ない「ブラック企業」と戦うには、証拠を残しておくことが大事ーー。こうした認識は広まりつつあるが、逆に「証拠がないから難しい」と泣き寝入りしていないだろうか。

タイムカードもパソコンのログもない中、部下の日誌や証言などを元に、長時間労働と発症した脳こうそくとの因果関係があると判断し、損害賠償が認められた事件がある(福岡地裁2018年11月30日判決)。原告は自動車販売会社に勤める男性店長で、脳こうそくの末、右半身麻痺などの障害が残った。

原告の男性の日誌は、会社側から「ない」と言われ、結局入手することができなかった。だが、部下が残していた日誌が、長時間労働を認定する決め手となった。被告側は判決を不服として控訴している。

この事件の原告側代理人を務めた波多野進弁護士は「特に過労死や過労自殺事件などの労働事件では、手元に証拠がないのは止むを得ないこと。証拠の多くは会社側にあるのが当たり前なので、そこで諦める必要はない」と話す。事件の経緯を聞いた。

●日誌「信用性認められる」

ーー労災認定や裁判で、長時間労働を認定する決め手となったのは、本人のものでない日誌でした

本人のものがないなら、他の人のもので立証するのも手です。今回はそれが日報でした。

今回の事件では、タイムカードがなく、男性の労働時間がわかる日誌も手に入れることができませんでした。

そこで、働いた日は従業員のシフト表、労働時間は部下の日誌によって「少なくともこの時間までは働いていただろう」と推計し、男性の時間外労働時間が認定されました。

ーー部下の日誌は手書きでしたが、証拠能力が認められたのですね

会社側は「事後的に記載されたもの」、「業務内容の記載がパターン化している」などと反論しました。

裁判所は「事後的に統一性のある書き込みをすることができる状態で残っていたものとは考えがたい」、「各日付の当時に作成されたもので、相応の信用性が認められる」と判断しました。

●時間外労働は約188時間

ーー脳こうそく発症前6カ月の時間外労働は約150〜188時間と認められましたが、どのような勤務実態だったのでしょうか

男性は自動車販売の会社で、合同展示場内にある店舗の店長を務めていました。店舗に定休日はなく、午前8時の朝礼前から業務は始まっていました。

展示場には9店舗ほど入っていて、お客さんが回遊します。いつお客さんが来るかわからないため、展示車両の洗車などをしながら常に外で待機しているように指示されていました。

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング