Googleのサービス、トラブルでデータが全部消滅したら賠償請求できる?

弁護士ドットコムニュース / 2019年4月10日 9時47分

では、もしGoogleのサービスが全面的に崩壊し、ドライブ上に保存しているデータや、メールの記録などが一切なくなるなどした場合、ユーザーは何らかの法的請求をすることは可能なのか。

「ユーザーが消費者であれば、消費者契約法が適用されますので、もし障害の原因がGoogleの故意か重過失にあれば(そんな事態が起きるかどうかは別にして)、責任の全部免除も一部免除も無効なので、損害賠償請求は可能です。

Googleに過失はあったが重過失とまではいえなかった場合はどうなるのか。

「この場合、責任の全部免除は無効ですが、Googleは利用規約で『Google(中略)が負う責任の総額は、ユーザーが本サービスを利用するために Google に対して支払った金額を上限とし』として、あくまでも責任を一部免除しているので(全部を免除しているわけではないので)、直ちに無効にはなりません。

そうなると、『Googleに対して支払った金額』が損害賠償の上限金額となるわけですが、Googleのサービスの多くは無料で提供されており、支払った金額が0円の場合が多いでしょう。そのため、結局は1円も補償されないケースが多いでしょう。無料のサービスを利用するなら、何かトラブルがあっても補償はされない、ということは覚悟しておく必要があります」

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
藤井 総(ふじい・そう)弁護士
「世界を便利にしてくれるITサービスをサポートする」ことをミッションに掲げて、ITサービスを運営する企業に「法律顧問サービス」を提供している。ITサービスを提供する企業やIT関連部門、IT関連組織が法律顧問サービスの主な導入企業になり、その業種はASPサービス事業者、ISP事業者、EDI事業、ハードウェアメーカー、コンサルティングファーム、海外政府系機関等、多様。
事務所名:弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所
事務所URL:http://www.itbengoshi.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング