楽天・優勝セールの「不当表示」 大幅割引にダマされた人は「購入」を取り消せるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月20日 15時55分

写真

関連画像

毎年、プロ野球の日本シリーズ後に行われる「優勝セール」。今年は東北楽天ゴールデンイーグルスが優勝したため、地元のデパートのほか、ネット通販サイト「楽天市場」でも優勝セールが実施された。星野仙一監督の背番号にちなんで「最大77%割引」という大幅な値下げが行われ、安く品物が買えると喜んだ人も多いことだろう。

しかし、一部の販売業者が通常価格を大幅に引き上げてお得に見せかけたことが発覚し、問題となっている。ある業者はシュークリーム10個1万2000円を通常価格とし、2600円で販売していた。楽天はこの業者の販売ページを閉鎖したが、ほかにも通常価格を引き上げて「大幅割引」に見せかけた店舗があるという。

値下げされているように見せかけた表示を見て、思わず商品を買ってしまった人もいるだろう。その人たちが「詐欺」だと主張して、購入を取り消すことは可能なのだろうか。関東弁護士連合会・消費者問題対策委員会の副委員長をつとめる福村武雄弁護士に聞いた。

●架空の二重価格表示は「有利誤認表示」になる

「通常価格とセール価格を併記する『二重価格表示』自体は、違法ではありません。しかし、本件のシュークリームのように、架空の高額な通常価格を表記し、セール価格を安くみせかけることは、『有利誤認表示』として、景品表示法で禁止されています」

この「有利誤認表示」の典型例として、実際には他と比べて特に安いわけでもないのに、価格が安いかのように偽った宣伝をするケースがあげられるという。もし、こうした宣伝に「引っかかって」商品を買ってしまった場合、消費者は何かを要求できるのだろうか。

「景品表示法違反の宣伝があっても、ただちに消費者と事業者との契約が取り消されるわけではありません。2600円でシュークリームを売るという直接の契約内容に事実と異なることはありませんので、民法上の『詐欺』ということも難しいと思います」

どうやら、景品表示法の有利誤認表示がストレートに「契約取り消し」に結びつくわけではなさそうだ。契約を取り消してもらうためには、どうすればいいのだろうか。

●消費者契約法の『不実告知』になる可能性も?

「事業者と消費者との契約には、消費者契約法が適用されます。

裁判例では、一般的な小売価格が41万4000円の指輪が29万円で買えると勧誘されて、購入させられた事案で、消費者契約法の『重要事実に関する不実告知』による勧誘だとして、契約の取消が認められた例があります」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング