たけしさん離婚、超高額財産分与の意味 法的には「夫婦半々」でいいはずだが…

弁護士ドットコムニュース / 2019年6月14日 10時4分

写真

関連画像

タレントのビートたけしさんが、妻との協議離婚が成立したと6月12日、一斉に報じられた。各報道では、財産分与についても触れており、デイリースポーツは「たけしの財産は、ほぼ全額幹子夫人に分与された」と、報じた。

金額は不明だが、スポーツニッポンによると、200億円にのぼるという。

通常、財産分与では「夫婦で半分」が原則となるはずだが、割合はどのように決まるのだろうか。濵門俊也弁護士に聞いた。

●財産分与には3種ある

「お笑いBIG3」「世界のキタノ」の離婚報道ですが、詳細な情報も乏しく、夫婦のことはお二人しか分からないことなので、具体的なコメントは差し控えます。そこで、今回は、あくまでも一般論として「財産分与」の解説をしたいと思います。

夫婦は、家庭生活を共にし、その中で協力して財産を築いていくことが通常です。夫婦で築いた財産は、共有の財産といえますから、離婚の際に、二人で分割することになります。これを「財産分与」といいます。

なお、一言で「財産分与」といっても、(1)清算的財産分与、(2)扶養的財産分与、(3)慰謝料的財産分与の3種があります。詳しく説明していきます。

●(1)もっとも多いのが「清算的財産分与」

財産分与のうち、もっとも多いのが「清算的財産分与」です。結婚している間に、夫婦で協力して築いた財産について、貢献度に応じて公平に分配しようというルールです。

「貢献度」といっても、夫婦間に収入の差があったり、妻が専業主婦であっても結婚している間はその家庭生活を夫婦で協力して築くのが通常ですから、基本的に貢献度は夫婦2分の1ずつ、とみなされます。預金や不動産など、いずれの名義いかんにかかわらず、半分ずつです。

あくまで二人の財産を二人で分けましょうという考え方に基づくものです。そのため、浮気をした方(いわゆる「有責配偶者」)からの請求でも認められることになります。

●(2)生活が苦しい…「扶養的財産分与」の検討も

2つ目が、扶養的財産分与です。離婚をすることによって、夫婦の片方が生活に困窮してしまうような場合に、その生活を補う意味で財産を分与する方法をいいます。

病気があって働けない、子どもが小さくて働きに出られないなどの事情で、養育費や前述した「清算的財産分与」にだけでは生活が苦しくなる人もいるでしょう。そのような場合、この扶養的財産分与も加えて検討されることになります。

●(3)芸能人の「慰謝料」実はこれ?→「慰謝料的財産分与」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング