芸能界のスターたちが戦った86年前の「桃色争議」、今に通じる「世論が味方」の戦法

弁護士ドットコムニュース / 2019年7月15日 9時35分

写真

関連画像

NGT48の元メンバー・山口真帆さんの暴行事件をめぐり、山口さんと運営会社AKSとの対応がギクシャクする中、芸能人の労働問題が改めてクローズアップされました。

芸能人の労働問題は今に始まったものではありません。80年以上前の1933年にも、松竹少女歌劇部・松竹楽劇部で「桃色争議」と呼ばれる労働争議が起きました。

陣頭に立ったのは、トップスターだった18歳の水の江瀧子です。水の江はこの争議について、「私は割合に、面白かったって印象しかなかったね」と振り返っています。どのような労働争議だったのでしょうか。(ライター・オダサダオ)

●短髪で一世を風靡した「水の江瀧子」

桃色争議は、1930年代に松竹少女歌劇部で起こった労働争議のことです。

当時、宝塚少女歌劇団、大阪松竹少女楽劇部、松竹少女歌劇部のいわゆる三大歌劇団がしのぎを削っていました。1927年(昭和2年)9月に宝塚少女歌劇団が初演した「モン・パリ」(岸田辰彌作)は、西洋風の化粧や露出度の高い衣装、そしてラインダンスなどを取り入れた画期的な作品であり、このような洋物レビューが人気を博するようになりました。

1930年(昭和5年)8月初演の宝塚少女歌劇団のレビュー「パリゼット」(白井鐵造作)では、本格的な男役が誕生し、これに続いて、他の歌劇団でも男役を取り入れるようになりました。松竹少女歌劇部でも、桃色争議の中心人物となる水の江瀧子も、短髪になり、一世を風靡しました。このような中で起こったのが、桃色争議です。

●サイレント映画からトーキー映画に移る中で起きた「クビ切り」の流れ

桃色争議の背景として、当時の松竹が置かれていた状況を理解しなくてはなりません。当時は、映画館を中心に労働争議が相次いで起こっていました。松竹でも、1932年(昭和7年)4月に映画活弁士、楽士の首切りに反対する争議が浅草で起こっていました。首切りの背景には、当時起こっていた映像技術の進歩が影響しています。 

当時、サイレント映画からトーキー映画へと時代が移り変わっていました。当時の映画は、音の出ない映像に合わせて活弁士がナレーションやセリフを付けたり、楽団が音楽をつけるというサイレント映画が中心でした。しかし、技術の発達により、映像と音声を同時に流すことが出来るようになりました。いわゆるトーキー映画の誕生です。

松竹もこの流れと無関係ではありません。1931年(昭和6年)に初のトーキー映画「マダムと女房」を上映しました。そして、海外映画でも、映画「モロッコ」が同年に初上映されました。これは、トーキー映画というだけでなく、字幕をプリントに焼き付けるという手法が取られた初めての作品でした。

●松竹芸能少女歌劇部に対し、一部学士の解雇、全部員の賃金削減を通告

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング