「ノミ行為」の「ノミ」ってどんな意味? 英国では合法、日本では違法なのはなぜ?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月26日 16時30分

写真

関連画像

東京・歌舞伎町で「ノミ行為」をしていた店が、警察に摘発された。店の経営者や客ら10人が11月上旬、競馬法違反などの疑いで逮捕されたのだ。報道によると、この店では、競馬や競輪、競艇の中継を見ながら、1口100円で賭けることができたという。

ここで出てきた「ノミ行為」という言葉。報道でときどき見かけるが、くわしく解説されることがないから、どんな意味なのかよく分からない人も多いのではないか。前後の流れから、JRA(日本中央競馬会)など公式のギャンブル主催者ではない「非正規の胴元」を営むことだと推測はできるが・・・。

そもそも「ノミ行為」の「ノミ」とはいったい何のことで、法律にはどのように規定されているのだろう。また、「非正規の胴元」ということであれば、海外には「ブックメーカー」がたくさんあるが、どうして海外では許されて、日本では禁止されているのだろうか。ギャンブルに関する法律にくわしい津田岳宏弁護士に聞いた。

●もともと証券業界で使われていた俗語に由来

「『ノミ行為』の名前の由来は、証券業界の俗語である『呑み行為』です」

このように津田弁護士は切り出した。

「ギャンブルにおける『ノミ行為』とは、私設の胴元(投票所)を営むことで、それをする業者が『ノミ屋』です。ノミ屋は客からの申込金を受け、客の予想が的中すれば払戻金を交付しますが、外れた場合は申込金を利益として呑み込みます」

要は、JRAなど本来の胴元を通さず、賭けを丸呑みするのがノミ屋ということか。公営のギャンブルなどもあるのに、私設の胴元に出番があるのはなぜなのだろうか?

「なぜ正規の胴元ではなく、ノミ屋を利用する人がいるかというと、それは控除率(テラ銭・遊戯料)が安いからです。

たとえば、中央競馬の控除率は25%ですが、ノミ屋の控除率はそれより低く設定されています。具体的には、客が外れた場合の負け分を割引する(俗に『オチ』などと呼ばれる)方法などが採られているようです」

つまり、ノミ屋のウリは、胴元の取り分が少ない、ということらしい。裏返すと客の取り分が増えるわけだから、客には魅力的に映るのだろう。

「ノミ行為は、競馬法・自転車競技法(競輪)・モーターボート競走法(競艇)などに処罰規定のある違法行為です。胴元だけでなく、客も処罰されます。胴元の法定刑は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金であり、重罰です」

●イギリスのブックメーカーは合法のノミ屋

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング