農業や水産業「残業代ゼロ」で良いの? 養鶏会社の男性、裁判で問題提起

弁護士ドットコムニュース / 2019年8月13日 9時41分

写真

関連画像

養鶏会社の男性社員が未払い残業代約970万円の支払いを求めて、福岡地裁で裁判を起こしたというニュースが話題になっている。深夜(22 時〜5時)の割増賃金のみしか払われていなかったという。

なぜ残業代を払っていないのか。真っ先に報じた7月22日の朝日新聞デジタルによると、この養鶏会社は畜産などについて、割増賃金などの支払いを適用除外とする規定(労働基準法41条)を根拠としているという。

農業や水産業は天候に左右されやすく、雨が続けば、晴れの日の労働時間が長くならざるを得ない。そういう配慮から生まれた規定だ。

一方、男性側は、鶏卵の生産数や重量などのデータ管理が主な業務で、天候に左右されることはないと主張している。

割増賃金の支払いが除外されている仕事は、ほかにどんなものがあるのだろうか。それは時代遅れにはなっていないのだろうか。白川秀之弁護士に聞いた。

●労基法の適用除外

ーー割増賃金の支払いが免除されている仕事にはどんなものがありますか?

「労働基準法41条では(a)『農業、畜産・水産業の事業に従事する者』、 (b)『監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者』、(c)『監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けた者』については、労働時間に関する規制が適用除外となっています。

『農業、畜産・水産業の事業に従事する者』が対象外となっているのは、天候等の自然に影響されることが多く、季節的な繁閑の差が大きいためとされています」

ーー労基法では41条のほか、116条で「船員」らについても残業の割増賃金などを適用除外としています

「労基法が定める労働時間の規制が適用除外となった場合には、三六協定を結ぶことなく1日8時間、週40時間以上労働させることが許されています。

ただ、何でも適用除外となるわけではなく、例えば有給休暇に関する規程、深夜労働で割増賃金を支払う規程はこれらの業務でも適用があります」

●実態を見て判断すべき

ーーたとえば、この男性のように「農業」などの職業が当てはまれば自動的に適用除外となるのでしょうか?

「今回問題となっている労基法41条は、1947年に施行されてから全く変わっていませんが、農業も技術革新によって、自然的条件に左右される度合いが低下しているケースもあります。

もともと、労基法41条が適用除外を定めた趣旨が、天候等の自然に影響されることが多く、季節的な繁閑の差が大きいことが理由である以上、その趣旨になじまない業務については適用対象とならないと解釈すべきです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング