1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「全部嘘だったの…?」本当はただモテたかっただけの偽・優男LINE6つ

美人百花デジタル / 2021年9月7日 19時40分

写真

男性に対して「優しい♡」と思っていたのに、実は下心からの優しさだったという経験はありませんか? 偽りの優しさは永遠には続かず、いつしか本性がポロリと現れます! こんなLINEをしてくる男性は、ただチヤホヤされたいだけなのかも。

 

本当はただモテたかっただけの偽・優男LINE

(1)「一人のほうがゆっくり休めるでしょ?」

「私の体調が悪く、『大丈夫?心配だよ。何かあったら看病しに行くから』と毎日のようにLINEをしてくれて優しいなぁと思っていた矢先、体調が悪化。ヘルプを求めたら『オレが行ってあげたいのは山々なんだけど、熱があるときは、1人のほうがゆっくり休めるでしょ?』と態度が豹変。え、優しいフリをしていただけ?」(27歳/会社受付)

LINE上では心配していますが、現実は放置。口だけの心配なら何とでも言えます。本当に優しい男性なら行動に移してくれますよね。

(2)「今日は奢ってもらおうかな」

「デートに向かう途中に電車が大幅遅延。彼にLINEをしたら『何かあったんじゃなくてよかった』と心配をしてくれました。しかし、30分後『何時になりそう?炎天下で待ってるのも大変なんだよね、今日は奢ってもらおうかな』とLINEが。さっきは心配してくれたのにちょっとしたことでキレやすい人だということが分かり、交際はお断りしました」(29歳/保険)

付き合う前に分かってよかったですね。デートの待ち時間や運転中に怒りだす男性は要注意です。

(3)「好きなところにしようね」

「アプリで知り合った男性が、『Aちゃんに楽しんでほしいからAちゃんの好きなところに行こう』とレディ・ファーストなLINEをしてくれました。でも実際にあったら、レストランで自分が食べるメニューすら決められない優柔不断男だった」(26歳/公務員)

優しいのではなく、ただの優柔不断なだけでした。自分がずっとリードしていく覚悟がないと交際するのはキツイかもしれません。

(4)「じゃあ、明日はおうちデートだね」

「体調が悪く、次の日のデートに行けなさそうだったので、『体調が悪くて……』とお断りLINEを送ったら『気にしないで♡ じゃあ、明日はおうちデートだね』と返事が。看病しに来てくれるのかと思って家に招いたら、まさかのHをしようとしてきました。本当最低……」(30歳/医療関係)

体調が悪いと言っているそばからHを要求するなんて……。相手の体調を気にせず、自分の欲求だけ満たす男性と付き合うと苦労しますよ。

(5)「かわいい」「早く会いたい」

「アプリで知り合った男性が『かわいい!早く会いたい』と毎日、褒めLINEをしてくれてました。初デートで告白をされましたが、知り合って2週間未満だったので時間が欲しいと返事をしたら『せっかく褒めてあげてたのに。もういいよ、バイバイ』と捨て台詞LINEが……。やたらと褒めてくる男性は警戒したほうがいいです」(25歳/美容師)

褒めちぎってくる男性は何か裏を抱えていることが多い? 付き合う前から異常に褒めてくる人がいたら少し警戒してみて。

(6)「実はLINE苦手なんだよね……」

「LINEがとてもマメで付き合う前は毎日頻繁に送ってくれました。安心できる男性だなと思って交際を決意。しかし、付き合ってからLINEは激減。『最近、あまりLINEくれないね』とLINEをしてみたら『実はLINE苦手なんだよね……』と。マメに連絡を取ってくれるところが好きだったのに……」(28歳/メーカー勤務)

付き合う前は女性を手に入れるために連絡をマメに返す男性も中にはいます。付き合う前に普段の連絡頻度はどれくらいなのか確認しておいたほうがよさそう。

偽・優男のこうしたLINEに気を付けて!

偽・優男の多くは見返りを求めてきたり、自己中心的な考えを持っている人が多いです。よって付き合うと苦労する可能性大! 付き合う前に偽・優男かどうか判定できるスキルを身につけておきたいものですね。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング