1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「また既婚者かよ…」年上男性好きに訪れた悲劇5つ

美人百花デジタル / 2021年9月19日 19時45分

写真

年上男性は自分よりも長く生きているぶん、経験も豊富。同世代の男性にはない魅力を感じている女性も多いのでは? しかし、そんな年上男性にも落とし穴が……? 今回は、年上男性好きに訪れた悲劇をリサーチしました。

 

年上男性好きに訪れた悲劇5つ

(1)高確率で既婚者男性

「余裕のある雰囲気と包容力に惹かれて付き合う年上男性はみんな既婚者でした。しかも、付き合ってから知らされるパターン。年上の魅力を知っているからこそ、年上しか好きにならないのですが、なぜか既婚者を引き当ててしまいます」(26歳/会社受付)

晩婚化で30~40代独身でも珍しくない時代ですが、年上に既婚者が多いのも事実。彼からのLINEや日々の言動を観察すれば既婚者かどうかを見極めることはいくらでも可能。恋に盲目にならず、次からは一歩引いて観察を。

(2)デートが不完全燃焼

「甘やかされたいタイプなので歴代彼氏は10歳以上年上の男性ばかり。でも元カレも今カレも、デート先で腰が痛くなって途中で帰ったり、四十肩で運転を拒否されたり、ろくにデートもできず、常に不完全燃焼」(31歳/不動産)

年齢差ゆえの“体調問題”は、ぜひ一緒に向き合ってみて。温泉をセレクトしたり一緒にエクササイズなどを取り入れれば、彼とともに健康なカラダを目指せるかも。

(3)自己肯定感が低くなった

「年上の俺様感が好きで、年上とばかり付き合うのですが、付き合いが長くなると『本当ダメな女だな、だから年下は嫌なんだよ』と見下され、破局するパターン。今では『私はダメな女なんだ』と自己肯定感が低くなってしまいました。けれどしばらくするとまた年上にキュンとしてしまう……」(25歳/メーカー勤務)

年上だからと俺様になって態度が大きくなるのと、年上だからとリードしてくれる頼もしい男性とでは違います。そこを見誤ってはダメですよ。

(4)こだわりが強すぎて恋愛に発展せず

「30歳になった今も昔も年上にしか興味ナシ。しかし、結婚相談所で出会った40歳すぎた独身男性、数人と食事に行きましたが、『朝は絶対ご飯派』『土日の趣味の時間は譲れない』と強いこだわりがある人が多すぎました。最近、年上男性のこうしたこだわりに遭遇すると恋愛を躊躇してしまい、なかなか彼氏ができません」(30歳/医療事務)

年齢問わず、こだわりが強い人はいますが、40年以上も一人で生活している場合、譲り合いの心がないと喧嘩になりやすいのも現実です。

(5)情熱的な恋愛とは無縁

「いつの間にか年上ばかりと付き合っている私。でも情熱的な恋愛とは無縁で刺激が足りずいつも破局。遊園地に行ってはしゃいだり、一緒にTikTokの撮影をしたり、夜は情熱的に求め合ったり……年上男性とはこうした情熱的な恋愛ができず悶々としてしまいます」(27歳/IT関連)

年齢と共に落ち着いた恋愛を求める彼と情熱的な燃える恋がしたいあなたとでは、一方通行。きっと安心感はあると思うので情熱的な部分にフォーカスせず、今の彼の良い面に目を向けてみて。

繰り返される悲劇は一度、客観視して!

いつも悲劇が訪れるという女性は、一度客観視して男性を見極めるという過程が必要です。付き合う前に一度、立ち止まることで、自分に合った年上男性と巡り合えるはずですよ。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング