1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「元カレとワンナイトした」破局のきっかけになった誤爆LINE4つ

美人百花デジタル / 2021年11月5日 20時15分

写真

誤爆LINEをしてしまうと取り返しのつかないことになりがち……。今回はカップルの破局のきっかけになった誤爆LINEをリサーチしました。

 

破局のきっかけになった誤爆LINE4つ

(1)「元カレとワンナイトした」

「当時の彼氏と喧嘩をして超ムカついたので『ムカついたから元カレとワンナイトしてやった』と親友に愚痴LINEを送ったつもりが彼氏に誤爆。火に油を注いてしまい、結局別れることになりました」(27歳/美容関連)

いくら彼がムカついたとしても浮気はアウト! 浮気相手が元カレということでさらに男のプライドは傷つきそう。

(2)「思っていたよりもブス」

「当時の彼氏の部屋の掃除を手伝っていたら、元カノとのツーショットを見つけてしまいました。その夜、元カノの顔が忘れられなくて、友達に『元カノの写真見ちゃった。思ってたよりもブスすぎて衝撃』と送ったつもりが隣にいる彼氏に誤爆。私の性格の悪さがバレてフラれてしまいました」(26歳/IT関連)

あなたの口の悪さに彼氏も衝撃だったことでしょう。すでに別れたとはいえ、好きだった人のことをブスだと言われて、いい気はしないですよね。

(3)「想像以上に小さかった……」

「当時の彼氏と付き合った日の夜、そのままHの流れに。しかし、アレが小さすぎて行為後、『想像以上に小さかった……』と女友達のグループLINEに送ろうとしたところ、間違えて彼氏も入っている社内のグループLINEに送ってしまいました。一生の恥……」(28歳/広告代理店)

一生の恥と感じているのは、小さいと社内にバラされた彼氏のほうでしょう(涙)。

(4)「このスプーンに反射しているの女?」

「当時の彼氏のインスタに超人気店のパフェの写真が。『甘いものは苦手』と言っていたので浮気を疑いました。その投稿をスクショして『このスプーンに反射しているの女じゃない?』と友達に送ろうとしたら彼氏に誤爆。『そこまで見ているの?ドン引きなんだけど』と返事がありそのままブロックされました」(25歳/会社受付)

スプーンの反射まで見ていることに恐怖を感じたのでしょう。結局、彼氏は浮気していたのか不明のまま破局してしまったそうです。

 

1通の誤爆でそのまま破局するパターンとしては、衝撃すぎた内容、または信頼関係が不十分だったことが挙げられます。今回のエピソードは前者に当てはまる衝撃的な内容ばかりでしたね。破局を迎えたのも致し方ない気がします。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください