『小野木里奈の○○○○○日和』は、人生初のクロスカブ、走る楽しさや魅力を体験!

バイクのニュース / 2020年8月31日 13時0分

今回の『小野木里奈の○○○○○日和』は、初のクロスカブを試乗した体験についてです! 前回、HondaGOでレンタルバイクをお借りして、横浜散策について書きましたが、そのときにカブデビューしました!

■カブの魅力は丈夫さと燃費の良さ、そして可愛らしさ!

 私の中でカブといえば、郵便屋さんや新聞配達屋さん、出前するお蕎麦屋さんのイメージ… あのカブならではの独特な音が、早朝や夕方に家の外から聞こえると、「もうそんな時間か。」と思っていたくらいです。あとは父もカブを持っていて、後ろに乗っていたこともありますが、後ろに乗る人用のクッションを取付けずに乗っていたので、段差がある度に振動でお尻が痛かった思い出もあります。(笑)

 レンタルバイクだったので、事前にカブの操作説明がありました。最初はギアの説明で「???」と難しく考えすぎてちょっと混乱。カブには、手で操作するクラッチが無いんですね!でもギアチェンジはできる。初心者ライダーからすると、ここでもう他のバイクと違うんだ、とびっくり!

 聞くところによると、出前する方が片手に荷物を持っていてもバイクを操作できるように手のクラッチが無いんだとか…なるほど、たしかに昔のお蕎麦屋さんは自転車で配達しているとき、片手にお蕎麦を縦に積んで持ち、片手運転で出前していました。それをバイクでもできるようにしたのですね。すごい発想です!

 また、色んなライダーさんから、「カブは本当に素晴らしい乗り物」とよく耳にします。魅力的なのは何といっても丈夫で壊れにくい、燃費の良さ、そしてカブ特有のこの可愛らしいデザイン。私の中で正直意外だったのが、丈夫な点です。これまで大きいバイクを乗らせていただいて、それらと比べるとカブの外見からは丈夫さを連想できなかったんです。だからこそ、丈夫なのが武器といえることがすごいなあ、と思いました。

カムフラージュグリーンのクロスカブ110を選択しました、可愛いヘルメットとの相性もバッチリ!

 私が乗らせていただいたカブは、カムフラージュグリーンのクロスカブ110。カブには、スーパーカブやクロスカブなど、カブの中でも種類があるのですね。ヘッドライトはLEDで、夜間の走行もこの明るさで存在をアピールできます。

 エンジン始動はセル、キックどちらでも可能で、これもライダーにバイクの楽しさを感じさせてくれる特徴です。今回お借りしたクロスカブの緑はカーキー色で、私はグリーン系が大好きなので、こちらを選びました。

 今HondaGOでは、受注期間限定の映画『天気の子』ver.も借りることができるんです。こちらはサマーピンクのスーパーカブで、めちゃくちゃ可愛い!シンプルな配色ですが、これは映画の中だけの存在ではたしかに勿体ないですよね。カブのデザインって女子が好きになれるレトロな配色とデザインで、普段着で乗っても映えますね!(笑) ファッション的要素も強いと思います。可愛らしいヘルメットと合わせるのも良いですね。あと、シートを開け閉めする時のこの吸盤の音がいちいち可愛い。(笑) こちらもカブならではらしいです。丈夫だからとはいえ、こんな可愛らしい要素たっぷりだと、大事にしたくなりますよね。

女性でも押して歩ける軽さもカブの魅力ですよ

 いよいよ試乗デビュー!重さは中華街でも押し歩きしている様子がありますが、女性でも楽に運べる重さでした。ただ、実際に試乗してみると、最初は左足の感覚が全然掴めず…やっとギアをつま先で押すことに慣れても、かかとが難しかったです。なかなか足の感覚と、かかと側にあるギアの位置がずれてしまったり…信号待ちのとき、何度も左足元を見て確認してしまいました。(笑) つま先だけでも押し続ければ、ギアが1周してまた元に戻るので、最悪かかとは使わなくても大丈夫ですが、せっかくだから使いこなせるようになりたくて最後まであがきました。(笑)

 カブは、ギアを変えたときや、走行中の振動がわりと感じる印象がありました。以前、トリシティに試乗したとき、あのバイクは振動が伝わりにくくて長時間運転していても疲れにくいバイクと書きました。クロスカブはその逆でしたが、でも操作するたびに、ガチャッキュイーンと音を出しながら振動が乗り手に伝わるとき、すごいバイクが頑張っているように感じるんです。

手に伝わる振動や音もバイクと一つになっている感覚があります

 バイクという機械の全部品が頑張っているのが乗り手に伝わって、バイクと一つになっている感覚になれます。トリシティのときは、乗り手をいかにバイクが楽に乗らせて負担を感じさせないか、というような印象でした。カブを乗っていて感じたことは、バイクが道を走っている感覚をあえて乗り手にも感じさせてバイクとの一体感を楽しめるという、トリシティとは逆転のバイクの魅力を感じられるバイクなのではないかと思いました。そして丈夫で長く持てるのなら、どんどん愛着が増していきますよね。だからベテランライダーの方からも圧倒的な支持があるバイクなんだと改めてカブの魅力に気づきました。

 最初はカブならではの操作に一瞬迷ったりもしますが、慣れてくれば私のような初心者でも全然問題ありませんでした。このレンタルバイクの時間内で感覚を掴むことができるので、初心者ライダーの方でもカブを扱うことは難しくないと思うので、機会があったら是非乗っていただきたいです。そのときにご紹介させていただいた、カブならではの魅力を存分に味わっていただきたいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング