PA茶漬けがクセになりそう!? 東名高速「港北PA」でモーニングを バイクで行く高速道路グルメ

バイクのニュース / 2020年9月27日 13時0分

東京方面から東名高速道路を下るツーリングでは「海老名SA」で休憩や待ち合わせがちょうど良いところですが、2020年3月にリニューアルオープンした「港北PA(下り)」の朝食にふさわしいPA飯も見逃せません。

■東名高速下り最初のPAで朝食を、という提案

 バイクでのツーリング、東京から東名高速道路を利用するライダーにとって、待ち合わせや朝食に利用するサービスエリア(SA)には「海老名SA」や「足柄SA」が有名ですが、下り最初のパーキングエリア(PA)となる「港北PA」にも豊富なメニューが揃っているのをご存知でしょうか。

「港北PA」のフードコートで人気メニューといえば「肉野菜定食(820円)」です。驚くのがそのボリュームで、野菜多め、ご飯大盛り、漬物取り放題、お味噌汁つきで満足感たっぷりです。ただし注文できるのは11:00から19:00までの間のみ。

 そこで朝食にオススメなのが「朝のだし茶漬け(680円)」です。朝6:00から11:00までオーダー可能です。鮭フレークに漬物、薬味のネギ、生姜、焼き海苔がセットになっていて、これをだし茶漬けにして食べると、ああ幸せ。さらにセットの小鉢は優しい味付けの煮物です。

 お茶漬けやあっさり味の煮物など、日本人のお腹に優しい朝食文化のメニューをPAで食べられるとは……しかもボリュームもそこそこあり、これで680円はコスパに優れていると思います。これはリピーターになりそうです。

 また、同じ価格で「朝の和定食(680円)」というメニューもあるので、次回はそちらを試してみたいと思います。

2020年3月リニューアルオープンとなった「港北PA」。フードコートも充実し、平日のビジネスドライバーにも人気

 リニューアルオープンした「港北PA」(下り)には、お土産コーナーのほかにファミリーマートもあり、またスナックコーナーの『横濱亭』では「肉巻きにぎり串」や「フライドポテト」、「よこすか海軍カリーパン」、「コロッケ」など軽食が販売されています。

 東京から近いので素通りされてしまうことが多いかもしれませんが、東名高速道路の“出発地点”という気持ちで「港北PA」で朝食をとる、という流れもオススメです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング