ホンダ新型「グロム」レースベース車を供給 なぜ公道用モデルよりも先にレース用車両が登場!?

バイクのニュース / 2020年10月23日 17時0分

ホンダは原付二種モデル「グロム」の新型モデルをベースにしたレースベース車を発売します。なぜ公道用モデルよりも先にレースベース車両の発売がアナウンスされたのでしょうか。

■生まれ変わったグロムのレース用車両が登場

 ホンダは原付二種モデル「GROM(グロム)」の新型モデルをベースにしたレースベース車を2021年3月より全国のHRCサービスショップに供給します。

 新型「GROMレースベース車」は、2020年10月21日にタイで発表した新型GROMをベースに、レースに不要な保安部品等を取り外し、HRC KITパーツのECU、ハーネス、各種切り替えスイッチ等を組み込み、HRCがサービスショップに供給。

 さらにサービスショップが独自開発したレース走行に必要なパーツ(カウル・ステップ・マフラー等)を組み込み、レース用コンプリート車としてサービスショップより販売します。

 日本市場において、公道モデルよりも先にレース用車両の供給をアナウンスした理由について、ホンダの広報担当は次のように話します。

「HRCはこのGROMレースベース車を使ったワンメイクレース“HRC GROM Cup”を2021年春に開催予定です。そのため、レース開催の周知、またレースを盛り上げるために公道向けモデルよりも先にレースベース車を発表しました。

 大変申し訳ありませんが、公道向けモデルの導入時期などの詳細については今しばらくお時間をいただきます」。

※ ※ ※

 また、GROMレースベース車の価格はホンダから公開されていませんが、これについてホンダの広報担当に伺ったところ「マフラーなどの装備品などによって価格が変動するため、詳細については各HRCサービスショップにご確認ください」と話します。

 近年盛り上がりを見せている原付二種モデル、その中でも個性的な存在であるグロムの新型車が市場にどのように貢献するのか、期待したいところです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング