ドゥカティ「ストリートファイターV4 S」 ユーロ5に適合しダークな新色をまとった2021年型が登場

バイクのニュース / 2020年10月26日 19時0分

ドゥカティ最強ネイキッド「ストリートファイターV4」シリーズは、2021年型でユーロ5規制に適合し、上位仕様の「ストリートファイターV4 S」には新色「ダークステルス」を追加します。

■「ジョーカー」フェイスにいっそうダークなイメージ

 ドゥカティ最強ネイキッド「ストリートファイターV4」シリーズは、2021年型でユーロ5規制に適合し、上位仕様の「ストリートファイターV4 S」には新色「ダークステルス」を追加します。

 2019年のミラノショー(EICMA2019)で発表され、2020年モデルとして市販が開始された「ストリートファイターV4」シリーズは、スーパースポーツモデル「パニガーレV4」シリーズをベースとしています。

 フェアリングを取り除き、高くワイドなハンドルバー、軽量な車体、208psを発生するエンジン、ラジエターサイドパネルに配置された“バイプレイン(二翼)”ウイング(高速時における前輪の浮き上がりとウイリー傾向を抑える)、コンプリート・エレクトロニクス・パッケージなどを搭載しています。

 特徴的なフロントマスクはコミックのキャラクター「ジョーカー」の不気味な笑顔にインスピレーションを得た造形となっており、フルLEDヘッドライトには「パニガーレV4」とスーパースポーツに採用されているV字型の「デイタイム・ランニング・ライト(DRL)」を備えています。

 汚染物質の排出に関する新しい欧州基準に準拠するため、MotoGP由来となる排気量1103ccの90度V型4気筒エンジンにはさまざまな変更が加えられました。

 最高出力(208ps)と最大トルク(123Nm)を維持しながら発生回転数を調整し、サイレンサーはデザインを変更することなく大型の触媒(長さ:+10mm)を採用、リアバンク(後ろ側のシリンダー)のマニホールドは100mm短縮され、直径を42mmから38mmに縮小、エミッション・レベルを常に制御するため、各シリンダーにひとつずつラムダセンサーを装着し、燃料噴射量をより精密に制御できるものとしています。

 また、新しいフロントブレーキおよびクラッチのマスターシリンダーは「セルフ・ブリーディング」を装着しており、ブレーキラインにエアが混入した場合でもエア抜き作業を行う必要がなく、“自動的に”ブリーディングが可能な設計となっています。

※ ※ ※

 ドゥカティジャパンでは、新色「ダークステルス」が追加された「S」を含む2021年モデルの「ストリートファイターV4」シリーズは、2021年第一四半期より納車予定としています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング