Ninja見参!! カワサキ往年の名車「GPZ900R」が1/12スケールで新登場

バイクのニュース / 2021年2月2日 15時0分

プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」から、「SKYNET(スカイネット)」ブランドの1/12スケール完成品バイク「KAWASAKI GPZ900R」のカラー3種が新登場です。

■カワサキ往年の名車「GPZ900R」の特徴を1/12スケールで再現

 プラモデルやトイホビーなどの老舗玩具メーカー「AOSHIMA(青島文化教材社)」は、「SKYNET(スカイネット)」ブランドから1/12スケール完成品バイク「KAWASAKI GPZ900R」3色を2021年5月より発売予定です。

 カワサキ「GPZ900R」は、1983年に「新世代スーパースポーツ」を前面に掲げ、排気量908ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載して登場しました。サイドカムチェーンにエアロダイナミクスなど、現在のスーパースポーツモデルでは当たり前となっている装備を実現していた「GPZ900R」は、「Ninja」のペットネームで人気を博し、2003年の生産終了後もその存在感は色あせることなく、カワサキ往年の名車となっています。

 AOSHIMAでは「GPZ900R」の模型化にあたり、サイドカムチェーンレイアウトを採用した水冷DOHC4バルブ4気筒エンジン、エンジンを強度メンバーとして活用する3ピース構造のダイヤモンドフレーム、象徴的なデザインのフルカウルなど、その形状や存在感を1/12スケールで再現しています。また、フレームとタンクはダイキャスト製とし、重量感と質感を演出しています。

【実車画像】カワサキ「GPZ900R」(1999年型)

 商品は塗装済み完成品となっており、カラーバリエーションは「ライムグリーン」、「赤/灰」、「黒/金」の3パターン、ディスプレイ台座付きです。

■製品仕様
価格:2700円(税別)
発売:2021年5月予定
ブランド:スカイネット
シリーズ:完成品バイク(塗装済み)
スケール:1/12
サイズ:全長約180mm
本体素材:ダイキャスト、ABS
タイヤ素材:ゴム
※画像は試作品です。実際の商品とは異なる場合があります。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング