1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

夜道雪のチャレンジバイク道! 人気マンガ「ゆるキャン△」に登場する50cc原付スクーター「Vino(ビーノ)」のスペシャルカラーに乗ってみました!

バイクのニュース / 2021年2月23日 11時0分

人気YouTuberで声優、モデルとして活躍する夜道雪さんが、人気マンガ「ゆるキャン△」に登場する50cc原付スクーターの「Vino(ビーノ)」のスペシャルカラーを試乗してみました。

■レトロでカワイイ原付ファッションスクーター、ビーノの「ゆるキャン△」特別仕様!

 身長は155cmと小柄ながら大型二輪免許を所有する大のバイク好きという夜道雪さん。今までさまざまなバイクに試乗&レポートしてきましたが、意外と紹介していなかったのが50ccの原付スクーターだったりします。

 そこでヤマハのファッションスクーター「ビーノ」に試乗することに。レトロ感のあるデザインが人気の50cc原付スクーターで、1997年の登場から若い女性を中心に人気を集めてきたロングセラーモデルです。2018年にホンダに製造を移管されましたが、カウルマウントのフロントマスクは初代ビーノが登場から20年以上も受け継がれてきたデザイン。可愛らしさはそのままです。

 今回、試乗するのはアウトドアブームを巻き起こした人気マンガ「ゆるキャン△」で、主人公の「志摩リン」ちゃんが乗っている車両を再現したスペシャル仕様。パステルカラーのカラーリングや初心者マークのステッカーなど、細かいディテールも再現され、テレビ東京にて実写ドラマ化された際にも登場しています。展示用に製作された1台なのです。

 実は夜道さんも50ccの原付スクーターにあまり乗ったことがないんだとか。見た目の第一印象から扱いやすさ、足つき性や乗り味など、気になるところをチェックしてもらいました!

■スクーターの便利さに「志摩リン」ちゃんのビーノの愛らしさをプラス

 どうも夜道雪です! 今回、ヤマハの原付スクーター「ビーノ」に試乗させていただくことになりました。しかも、「ゆるキャン△」の特別カラーです。とっても楽しみにしていました。

「ゆるキャン△」の特別カラーのビーノには、トレードマークにもなってる「若葉マーク」のステッカーが貼ってあります

 第一印象は水色でカワイイ! レトロな印象でしたが、色が変わるだけで今っぽい感じになってます。どこに行っても目立ちそう。丸っこくてちっちゃくてすごく可愛い! 主人公リンちゃんの乗るビーノのトレードマークにもなってる「若葉マーク」のステッカーが、フロントにちょこんと貼り付けてあります! マンガと一緒でおもしろいです。

ヤマハとホンダのロゴが入るビーノは胸熱!

 個人的にアツいポイントが、ホンダとヤマハの協業バイクってところ! フロントには音叉マークのエンブレム、シートに「YAMAHA」のロゴ、そしてエンジンには「HONDA」のロゴが刻まれていて、胸アツです。

メーターカバーには「ゆるキャン△」のロゴ入りステッカー

 大きくて見やすいメーターパネルはシンプルなデザイン。マンガとアニメではシルバーですが、このモデルはドラマと同じシルバーとライトブルーのツートーンカラーです。時計機能付きで、エンジンオイルの交換時期を表示、設定する機能と燃料計も装備されていて便利。メーターカバーには「ゆるキャン△」のロゴ入りステッカー、盤面にも「△」マークがデザインされていて可愛い!

 また、フロントには右側には500mlのペットボトルが収納できる、インナーボックスが設置されています。中央には0.5kgの重さまで掛けられる大型フック、左側には12Vのアクセサリーソケットを内蔵したグローブボックスを装備。小物入れに便利です。普段でも使いやすそうです。

■軽くてコンパクト、かわいいルックスに気分もアガって普段使いに最高です!

 さっそくまたがってみると、身長155cmの私で両足がしっかり地面に着きます。軽くて小さくて、降りて押したりするのも、取り回しも楽チンです。街乗りでの普段使いにピッタリです!

跨ってみたら足つき性も問題なし!街乗りにもピッタリなサイズです

 そしてエンジンスタート。アクセルを開けると、すーっと進む! スムーズで自然な加速です。原付の50ccエンジンだから非力だろうと思っていましたが、意外とパワーがあって公道でも問題ない力強さです。

スムーズで自然な加速は、意外にパワーもあり公道走行も問題なしです

 アイドリングストップ機能をオンにすると、信号待ちなどで停止すると自動的にエンジンがストップします。アクセルをひねると再始動。燃料の余分な消費や騒音、排出ガス低減に貢献してくれます。

 とにかく滑らかな乗り心地で安定感抜群! 前後連動のコンビブレーキを採用していて、左レバーの後輪ブレーキを操作すると、前輪にもほどよく制動?がかかり、バランスよくブレーキングをサポートしてくれます。右ブレーキレバーを操作すると前輪ブレーキのみが作動。原付は時速30km制限なので、あまりスピードを出さなかったこともあって「これぞコンビブレーキ!」というような恩恵は体感できず…。レバー操作に合わせてジワジワとしっかり停まってくれる感じでした。

やっぱり「ゆるキャン△」仕様のデザインが可愛いビーノ

 扱いやすさ、乗りやすさはもちろんですが、やっぱりデザインがいい! 「ゆるキャン△」を知らない人から見ても可愛いと思えるところが魅力です。街乗り、普段使いに最高だと思います。

■YAMAHA ビーノ
全長×全幅×全高:1650×670×1015mm
軸距:1180mm
最低地上高:105mm
シート高:720mm
車両重量:81kg
エンジンタイプ:水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量:49cc
内径×行程:39.5×40.2mm
圧縮比:12.0:1
最高出力:3.3kW(4.5PS)/8000rpm
最大トルク:4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000rm
燃料タンク容量:4.5L
タイヤ:前80/100-10 46J、後80/100-10 46J(前後チューブレス)
ブレーキ形式:前後 機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式:前 テレスコピック式、後 ユニットスイング
フレーム形式:アンダーボーン
■メーカー希望小売価格:20万3500円(消費税10%込)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング