1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

個性的すぎる房総半島の素掘りトンネル!! 暗闇の中で直角に曲がり、さらに横穴まで!?

バイクのニュース / 2021年4月18日 11時0分

千葉県の房総半島は素掘りのトンネルが多く、それを目指してツーリングするライダーも多いようです。数あるトンネルの中から、今回は一風変わった「三島ダムL字素掘りトンネル(仮名)」をバイクで訪れてみました。いったいどんなトンネルなのでしょうか。

■もはやテーマパーク!? こんなトンネルがあったとは……

「三島ダムL字素掘りトンネル」は、正式な名称がわからないのですが、素掘りトンネルファンの間ではこの呼び名で知られています。場所は房総半島の中央から少し南に下ったあたり、君津市正木付近です。房総半島を東西に横断する国道465号と、南北に縦断する国道410号がちょうど重複している区間の近くです。

 トンネル名に付けられた「三島ダム」は、付近を流れる小糸川に造られた灌漑用の比較的小さなダムで、それによって出来たダム湖は三島湖と呼ばれ、ヘラブナやブラックバス釣りが楽しめることで釣り好きにはよく知られた湖です。

 目指すトンネルは、湖の北の端に位置します。国道から湖へと至る脇道を進むと湖の手前右側に公衆トイレが現れますが、トンネルへはその少し手前左側にある広場の砂利道を進みます。すると間もなく、コンクリートのきれいなU字状に整備されたトンネルの入り口が出現します。

第1のトンネル進入前。坑口はコンクリートできれいに整備されているので楽勝気分で突入

「本当に素掘りなのかな?」と疑問に思いつつバイクを乗り入れると、コンクリート部分は入り口だけで、内部は岩肌がむき出しの、まさに“素掘り”状態でした。

 内部は照明がほとんどなく、ヘッドライトの明かりだけが頼りです。出口が見えないな……と思ったら、いきなりほぼ直角に曲がっていました。道幅はバイクでもすんなりと曲がれないほど細く、うかつにクルマで乗り入れると大変なことになりそうです。

 L字のトンネルを抜けてホッとしたのもつかの間、さらに第2のトンネルが待ち構えていました。同じように道幅は狭いものの、今度は出口が見えているので、ちょっと安心です。ソロリロソリとマシンを進めていくと……突然右側にポッカリと横穴が開いているのが見えました。

第2のトンネルの真ん中あたりで突如現れる横穴。バイクで進みたい衝動を必死に抑える

 トンネルを出た先にバイクを停め、歩いて内部に戻ります。横穴は下に向かって傾斜しており、先端は階段になっていました。もしバイクで進入していたら……と思うとゾッとします。

 横穴の先は湖に抜けており、階段の先には小さな社がありました(八雲神社というそうです)。L字の次には横穴、その先には絶壁にへばりつくように存在する秘密めいた社……ここはまるでテーマパークのような、ドキドキが連続するトンネルでした。

 さらに先へ進むと小さな集落があり、道はやがて農道となり、行き止まりです。全行程にわたって軽自動車1台分ぐらいの道幅なので、バイクで訪れて正解でした。

2つのトンネルを走りつないだ先は小さな集落。道は農道となって畑に消える。左側はすぐ行き止まりだ

 しかし、Uターンに自信がない人は、最初のトンネル手前の広場に停めて、歩いて探索してもスリリングで楽しめると思います。それにしても、房総半島の素掘りトンネルの奥深さには驚かされます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング