1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

『高梨はづきのきおくきろく。』 ホンダ「Reble250」の人気に迫る!

バイクのニュース / 2021年9月18日 13時0分

毎月8の付く日は『高梨はづきのきおくきろく。』の掲載日です。今回は、男女ともに爆発的人気を誇るホンダの「レブル250」を探ります。

■レブル250の人気の秘訣を探っていくよ!

 2018年から2020年、新車販売台数3年連続第1位を誇り、今も男女共に爆発的人気を誇るバイク、ホンダの「レブル250」。今回はそんなレブル250がどんなバイクなのか探って行くよ!

 人は会って3秒でその人の印象が決まるって聞いたことあるけど、バイクにもそれは適用されると思っていて、私が思うにレブルが人気な秘訣は「車両外観のデザイン」が一番の理由だと思っている。その中にも要因はいくつかあると思うので、ざっくり5つ挙げてみようと思う。

1.250ccのバイクで、純正装備のタイヤが太めってあまりみたことがない
2.車高は低く、気持ち横幅の広いアップハンドルで「アメリカン×ネイキッド=レブル」のようなスタイルになっていてかっこいい
3.マットベースのカラーリングと、骨太のパーツたちが魅力的
4.ヘッドライトなどの点灯パーツ類が全てLED仕様で、特にヘッドライトは煌々と照らしてくれる
5.何より”写真映え”する

ヘッドライトなどの点灯パーツ類が全てLED仕様です

 特に【5】に関しては、バイクの写真って地面を写すよりも下から撮った景色との相性がいいので、剥き出しの前輪のおかげで遠近感が伝わって迫力を演出できるしとても良い。シート以降はストンと落ちているので抜けもいいし、構図がキマりやすいっていうのがあるよね。風景などが入ることで旅感も増すし、万人に好まれる写真が撮れそう。

見た目の通り足付きはベタベタで、交差点などでの立ちゴケの心配はほぼありません

 さっそく実際に跨ってみると、見た目の通り足付きはベタベタ。車重170キロと聞いても、立ちゴケなどで倒してしまう不安要素が全くない。足をステップに置くと、足がZ字ではなくL字に置くことができた。ということでステップは少し前側に設置されているみたい。革製のブーツを履いていても足首に負担は限りなく少ないし、長時間運転しても疲れなさそうな感じで好印象だ。

まずは鍵をさして…あれ…?

鍵を刺す場所…鍵を刺す場所…あれ?どこだ?

車体を一周したけど見当たらない。

しゃがんで見ると…やっと見つけた!

イグニッションをONにするとメーター内に"rebel"と表記されます

 レブルのメインキーを刺す鍵穴はタンク下の左側に設置されているんだね。大体のバイクはメーター下にあると固定概念のあった私は驚かされたのだった。キーを回すと、メーターには”rebel”のデジタル表記が現れる。かっこいい。

エンジンスタート!(ドコドコドコドコドコ…)

 ほう、これがレブル250の音か。中低音より少し低く、何処か淡く儚いような優しい音に聞こえるのは私の特殊な感性のせいだろうか。アクセルを捻ると、軽いのなんの。エンジンの力強さは過去に試乗したことのあるCB250Rを思い出した。ホンダのバイクはこうでなくっちゃ!これは楽しく乗れると期待大!

■アメリカンタイプのバイクなのにコーナーも楽しい

 公道に出るところでいきなり“プッ!”とクラクションを鳴らしてしまう。え!?あれ!? レブルってウィンカーがクラクションの下なんだ!

愛車とウインカーとクラクションのスイッチの位置が違うので最初は困惑しました

 愛車カワサキのエストレヤに乗り慣れている私にとって、ウィンカーが上にあってクラクションが下だから、こういった少しの違いを発見すると特色があって面白いなーと思う。でも信号待ちで他の車を煽っちゃうことになりかねないので要注意だ!こういう保安部品のスイッチ位置は乗る前にしっかり確認しなくてはいけないなーと反省。

 左右に曲がったりするところは、アメリカンっぽいバイクだからこそ気になっていたポイントだったけど、簡単にパタパタと倒れてくれて、とっても楽しい。ひとつ挙げるとしたら、タイヤが太いからかな? 私の技量の問題かも知れないけど、カーブで滑りそうな気がした。実際に滑ったわけではないので、あくまでもそういう感覚みたいなところ。

レブル250のコーナリングは、簡単にバイクが向きを変えてくれるので楽しい

 アクセルを開けるために捻る力はまったくいらなかった。とにかくアクセルが軽いため、片手を休ませたりしたい時は、右手側は特に注意していないと、ちょっとした力で不意に回してしまって体だけ置いてかれそうなくらいなので、みんな油断しないように。当然、これはどのバイクにも共通することだけど、レブルはそれを強く感じたかな。ハンドル位置が少し遠いから操作性っていう部分もあるのかな?

アクセルやクラッチも軽く、街中では疲れずに乗っていられるレブル

 軽いのはアクセルだけじゃなく、クラッチレバーも軽いの。ギアチェンジも軽く何の引っかかりもなくスッと変わってくれて、曲がる・カーブ・ストレート、全走行含めて街中では疲れずに乗っていられた。渋滞に巻き込まれたり、ストップ&ゴーを頻繁に繰り返す様な道や長距離運転には断然軽い方がいい。特に非力を自認する人たちには、バイクを選ぶ時こういうところを重要視すると長くそのバイクに乗っていられると思うのでオススメだ。

座る心地も良くニーグリップすると、クッとハマってくれる感じが心地いい

 座り心地については、サスペンションが少し硬い気がしたのと、単気筒特有の振動が多少伝わってくるけど、お尻の疲れについては、3時間ぶっ通しで乗った感想としてかなり余裕があった。ちなみに158cmの私でニーグリップすると、タンクの下部にあるフレームにちょうどヒザが当たる感じ。私にとっては、クッとハマってくれる感じが心地よくてよかったな。

■カスタムパーツも豊富に揃えるレブル

 それからレブルはカスタムパーツ次第でカッコ良くも、可愛くも、渋くもなる。試しに「レブル」「カスタム」とかでハッシュタグ検索してみると素敵なバイクがたくさんでてくるので、カスタムライフを夢見ている人は参考にするといいかも。

 純正のままでも十分センスのあるデザインだから、カスタムするのは勇気がいりそうだけど、自分の色に染まったバイクはもっと好きになるし、自慢したくなるようなバイクになるだろうな、と思った。だれか、私にレブルを買い与えてくれないかな。

女性からおすすめのバイクを聞かれたら真っ先にオススメしたい!

 はい、ということで、私がレブルに5日間乗ってみて改めて気づいたのは、レブル250が人気な理由は見た目が抜群にいいってこと。そして実際に乗ってみてもサクッと気軽な気持ちで乗れるフッ軽(フットワークが軽い)バイクで好印象だったことがわかったよ。

 今回、女性にはありがたいポイントが山ほど見つけられたので、私が女性からおすすめのバイクを聞かれたら真っ先にオススメしたいバイクだ~~~!

 噂によると、今や購入となると半年待ち以上は確実のHONDAのレブル250。1100ccのモデルも売り上げ好調みたいだし、この人気はまだまだ止まる気配がなさそうだね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング