1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

『小野木里奈の○○○○○日和』 オシャレでスポーティーな走りも堪能できるベスパ『GTS SuperTech 300』に試乗します

バイクのニュース / 2021年10月4日 13時0分

『小野木里奈の○○○○○日和』は、イタリア生まれでオシャレな印象が強いベスパ。今回は、スポーティーな乗り味も味わえる『GTS SuperTech 300』に試乗します。

■レトロな雰囲気の車体に最新技術盛りだくさん

 皆さんこんにちは。小野木里奈です。今回はベスパの『GTS SuperTech 300』に試乗しました。以前、ベスパの『プリマベーラ ピクニック』にも試乗しましたが、こちらは同じベスパでもスポーティーさを特徴としているシリーズなんだそうです。

 プリマベーラは、ピクニックをコンセプトにしていたのでスポーティーと言うよりも、荷物を積んでのんびりツーリング先でピクニックを楽しむというようなベスパでした。さてさて、それではこちらのベスパの『GTS SuperTech 300』はどのような乗り味なのでしょうか?

 私が今回試乗したカラーは、デリカートグレーで、他にバルカンブラックもあります。どちらもとてもシンプルな色味ですよね。ただよーく見てみると、パーツに黄色が使われていてアクセントになっていて、可愛らしさも両立されています。こういうさりげなさが他と差別化していていいですよね。

視認性の良い4.3インチ・フルカラーのTFTディスプレイメーターを装備しています

 レトロな雰囲気も醸し出していますが、装備されているメーターはフルカラーのTFTディスプレイで、デジタルメーターなのです。液晶の表示のされ方もシンプルで情報がごちゃごちゃしていないのがさらにライダーにとって視認しやすいのもポイントなのかな。デザインだけでなく、こういった機能性にもちゃんと注力しているのも好印象です!

 GTSには初めて試乗しましたが、これまでイメージしていたベスパと特に形状は大きく変わわりません。以前試乗したプジョーのプリマベーラともそこまで大きい違いはないので、このようなスタイルを伝統としているのでしょうか。ライダーの方なら、きっとどのシリーズでも、すぐに「ベスパだ!」と、わかってしまうほどやはり特徴的なスタイルです。国内のスクーターにはないオシャレなデザイン性を感じます。

 押し歩きをしていると実感できますがGTSは、とても運びやすい。車両重量160kgと、体の小さいライダーの方でも扱いやすいんです。正直、シートまわりが以前試乗したプジョーと同様ぼってりしたデザインなので、「もう少し重いかな」と想像していたのでいい意味で裏切られました。もちろん、軽い方が嬉しいんですけどね!(笑)

身長160cmの私は、シート高790mmなので、両足はつま先ダチになります

 それでは、恒例の足つきチェックでございます。私(=身長160cm)が跨るとこんな感じです。シート高は790mmなので、両足はつま先ダチになりますが、片足なら少し傾ければさらに安定して支えられます。実際、車体が軽いのでつま先立ちでもそこまで苦しい足つきではないんじゃないかなと思います。やはり、国内バイクに比べると、このベスパだけでなく海外のバイクはシート高が高いものが多いですね。車体に足をかけるとき、フラットな位置にも置けるのが無理ない姿勢で運転できるところも魅力的です。

■滑らかな加速に好感度UP

 それでは、いよいよエンジンスタート! ブルルンッという可愛いエンジン音とともに発進します。エンジンは、278ccあるので走り出しのパワーはありますが、突然のすっと前に進むというよりも、滑らかな発進という印象です。スクーターではニーグリップができないし、ライダーがバイクに座っている状態なので発進がこれだけ滑らかだと、体とバイクとのバランスが取りやすいなと思います。

シートの上に座るだけのスクーターの走行は、どうしても慎重になりがちです

 スクーターに乗っているとつくづく感じますが、ニーグリップができない体勢は疲れにくいけどバランスが崩れた時、車体との一体感の度合いが小さいので、どうしても慎重になってしまうことがあります。

 そして、GTSの排気量は278ccあるので、初のスクーターで高速道路走行にも挑戦しました。加速度は正直言うと、すぐにいきたいスピードに到達するという感じよりも、それこそアクセルを回しても徐々にスピードが上がっていく感じです。でも、私はスクーターならのんびりツーリングしたいし、これくらいの加速でちょうどいいかなと思いますね。

 加速はおとなしくても、ニーグリップできていないのにバランスがとても取りやすくて車体を寝かしこむときの反応がすごくいいなと感じます。あとは、ブレーキした時や減速した時の車体の安定感もふらふらしないのが印象的でした。

『GTS SuperTech 300』は、コーナリングも安定している印象です

 やはり、ニーグリップができない分どうしてもバランスを取るときにマニュアル車よりも車体の動きに体が持っていかれてしまう場面がスクーターの方があるんじゃないかなと思っていましたが、このベスパには安定感があります。

 この日は長距離を運転しましたが、マニュアル車よりも疲れにくく体力的にも嬉しかったことが印象に残りました。走行時はギアやクラッチ操作もなく、アクセルとブレーキのみですし、さらに、乗っている姿勢は前屈みにもならず、足元もフラットなので楽に長距離ツーリングをすることができました。

 スクーターって近場のお買い物や移動として考える乗り物というイメージが強いですけど、荷物が多かったり体力を温存したければ長距離ツーリングの相棒として利用するのも全然ありだな~と思ってしまいます (笑)

『GTS SuperTech 300』のようなオシャレなスクーターならバイク女子にも好かれそう

 お土産とか買って荷物が多くなってもシート下の収納も十分機能してくれます。そして、何より『GTS SuperTech 300』のようなオシャレなスクーターならバイク女子からもとても好かれるはず!

 スポーティーな走りと同時にオシャレなスクーターとしても楽しめるこちらのベスパ 『GTS SuperTech 300』、是非いかがでしょうか?

■Vespa GTS SuperTech 300
価格:77万円(税込)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング