流行のクルーネックに合う「ボブ・ロングヘア」用アレンジテク

美レンジャー / 2014年4月23日 21時0分

写真

この春トレンドの首周りがつまったクルーネックの服。これに似合うヘアアレンジ術を、今回はボブとロングヘア向けの方にご紹介したいと思います。

レクチャーして頂いたのは、ヘアメイクアーティストとして活躍中のchihoさんです。

■ショートボブにオススメの簡単アレンジ

まず襟足が結べる長さがある、ショートボブでできるアレンジ法です。

chihoさんいわく、「最初に前髪とサイドの残したい毛、トップ表面の毛を残し、全体の毛を少し片側に寄せつつゴムでしばります。この時、ゴムをしばった時点でゴムに届かずしばれない短い毛は、そのままで大丈夫ですよ」とのこと。

襟足と耳周りのこぼれた毛のみ、ピンで留めるとよいそうです。そして残ったトップの短い毛をゆる巻きして、ワックスをふんわり、くしゅっともみこんだら完成。ついついしっかりまとめなきゃという気持ちになりますが、オススメアレンジはしっかりいらず。ルーズにがポイントだそう。

■ロングヘアにオススメの簡単アレンジ

続いて、ロングヘア。長い髪の毛を高い位置のポニーテールに結ぶのは意外に難しいと感じていませんか? 今回はゴムを2つ使って簡単にしっかり高く髪を上げるコツをお伝えします。

(1)ポニーテールを作る

chihoさんから、「最初にワックスを手になじませ、襟足と耳周り中心につけておくれ毛を出にくくし、髪を上げやすくしておきます。ワックスをつけたら耳後ろを中心に、前の髪と後ろの髪とを分けて、まず後ろの髪を高めの位置でポニーテールに結びましょう(上写真参考)。キレイに上げようとせず、あえてざっくり手ぐしでナチュラルにするとよいです」と教えて頂きました。

また、「前の髪もざっくり手ぐしで後ろのポニーテールと一緒にまとめ、2つ目のゴムで結びます。ポイントのワックス使いをうまくこなしてやってみましょう」とのことです。

(2)バッテン留めをフル活用

さらに、chihoさんが言うには、「ここまでできたら、バランスを見てトップの髪を少し引き出し盛り具合をプラスしましょう。結んだ毛束からひと筋ほど分け取り、結び目に巻きつけ、ゴムを隠して見えない位置でピンのバッテン留めをするとよいです」とのこと。

バッテン留めのやり方は、『美レンジャー』の過去記事「太って見えない!流行のクルーネックに合うショートヘアアレンジ」を参考にしてください。

(3)ふんわり感とボリュームを出す

バッテン留めをしたら、「毛束をゆるく巻き、その後、再度ワックスをふんわりもみこんで、毛束全体のボリュームを出します。ピンのバッテン留めを隠すように、結び目から左右に毛束を広げれば完成です」と話していました。上の写真のようにできれば最適です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング