鬼の形相になってる?「顔のこわばり」がほうれい線の原因だった

美レンジャー / 2014年6月3日 19時0分

写真

これまでは、表情筋の衰えが、シワやたるみの原因になると言われていました。しかし、実はそうではないことが、最近わかってきています。

シワやたるみの原因には、どうやら、”筋肉の緊張”と関係があるようなのです。私たちの顔には、無意識のうちに不自然な力が入っています。顔に力が入ると、顔の皮膚を必要以上に強く引っ張り続けることになるので、シワやたるみができてしまうのだそう。

そうとわかったら、顔の力を抜いてシワやたるみを予防しませんか?

■1:目を酷使すると眉間にシワが

パソコン作業やスマホ操作で目を酷使していると、目もとに力が入り、眉間のシワができやすくなります。

眉間のシワを防ぐためにおすすめのリラックス法は、目をゆっくりと細めて10秒間キープすること。また、眉を上げて目を大きく見開き、10秒間キープしたり、眉を下げて目もとをリラックスさせるのも効果的です。ぜひ、取り入れてみてください。

■2:無意識に食いしばると顔の歪みや顎関節症に!

近年急増しているのが、無意識の”食いしばり”。弱い力でも、上下の歯を接触させ続けることで、顎周りの筋肉が緊張した状態になり、顔の歪みや顎関節症をはじめとする様々な不調が起こります。

この食いしばりを改善するには、意識的に上下の歯を離すことが重要です。”歯を離す”と書いたメモを、目につく場所に貼っておくといいそうですよ。

■3:頬の緊張がほうれい線を招く

頬の筋肉が緊張した状態だと、ほうれい線が深くなります。耳たぶをつまんでゆっくりと回したり、横に引っ張ったりして耳周りの筋肉をリラックスさせると、頬の緊張がほぐれます。

また、頬に空気を含ませて左右に移動させるのも効果的です。

今回は、顔の筋肉をほぐす方法についてお伝えしました。集中しているときや、不快なことがあったとき、考えごとをしているときなどは、顔がこわばりがちなのでこまめに脱力させてあげましょう。

【関連記事】

※ 痩せないアラサー女性は「ここだけ鍛えれば」くびれ消失を防げる!

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技

※ スイーツを食べる時に「心がけたい5つ」を守ればおブス知らず!

※ みんな肌をこすり過ぎ!恐ろしい「摩擦ジミ」ができちゃうNG習慣

※ 首から下がオバさんに!「ダブダブ首肉」がついてしまうNG習慣

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング