ワカメだけ食べたってダメ!抜け毛を招きハゲまくるNG生活習慣

美レンジャー / 2014年6月7日 16時0分

写真

今の時代、ハゲるのは男性だけの悩みではありません。みるみるうちに抜け毛が増えて、あっという間に髪の毛が薄くなるのは、女性にだって大いにあることです。

「自分には関係ないわ」という年頃の女性であったとしても、今この瞬間に抜け毛を招くことを何かしらしていたら……。もはや他人事ではありません!

そこで今回は、『伝説の美容室 フォルトゥーナ』のスタイリストである佐藤俊さんに、若かりし時ほどやってしまいがちな、実は抜け毛を招きやすい生活習慣を教えていただきました。

■1:ワカメだけをよく食べる

佐藤さんによると、「昔からワカメを食べると、髪の毛が生えてくると言われてきました。ワカメはミネラルや食物繊維を多く含んでいるので、全くの間違いとも言えないのですが、ワカメだけを食べればよいというわけではありません。栄養分が偏らないバランスのよい食生活が大切なのです。

若い時には、特定のものだけを摂取しがちですが、髪の毛のためにも食生活は、バランスが大事だということを忘れずに」とのこと。

○○ダイエットが流行ると、そればかりを食べるというように、若い時には口にするものが極端に偏りがち。髪の毛のためにも、偏った食生活を改めることは基本です。

■2:分け目がいつも同じ

佐藤さん曰く、「いつも髪の毛を同じ分け目にしてしまうと、頭皮の同じ場所に負担をかけ続けることにもなり、そこから抜け毛、薄毛になる可能性があります。時々、分け目を変えることをおすすめします」と話していました。

いつも髪の毛をひっつめていたら、生え際が薄くなると、よく言われますよね。アップスタイルが多い人は、ダウンスタイルの日を増やしてみたりなど、分け目と一緒にヘアスタイルもチェンジするとよりよいかもしれません。

■3:夜更かしし過ぎ

佐藤さんは、「夜22時から2時の間は、髪の毛が一番成長する時間です。睡眠によって成長ホルモンが大量に分泌される時間帯ですから、睡眠はしっかり取りましょう」と話します。

寝ずに朝まで遊んだり、夜更けまで勉強したりすることは、若かりし時なら経験することもあるでしょう。しかし、将来キレイでいたいなら、やめた方がいいですよ。

自分も該当するという女性は、恐らく若い世代だけではないのでは? この記事に出合った今がチャンス。改めて見直し、未来のキレイ作りに努めてみてください。

【関連記事】

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

※ 濡れても可愛さキープ!美容師に聞いたビーチでイケてる髪型

※ 夏にNGな髪の洗い方は「夜シャンvs.朝シャン」どっちが正解?

※ もう泣かない!髪のカットで失敗しないオーダーの仕方4ステップ

【取材協力】

※ 佐藤俊・・・『伝説の美容室 フォルトゥーナ』スタイリスト。 山野美容専門学校を卒業後、都内美容室勤務を経て、ヘアーデザインフォルトゥーナへ入社。大人の女性から圧倒的な指名率を誇る、女性ファン多き人気スタイリスト。

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング