あなどるなかれ!ホルモンバランスが乱れ狂う「夏バテ撃退法」3つ

美レンジャー / 2014年8月23日 11時30分

写真

食欲がない、なんとなくダルい……夏バテの症状が出始めていませんか? 毎年のことだからなんて考えていると、恐ろしいことになってしまうかもしれません。

夏バテ対策をしないと、ホルモンバランスが崩れて体にトラブルが発生したり、イライラ・憂鬱な気分になったり、秋までだるさが続いて肩こりが悪化するなど、負のスパイラルを招いてしまいがちです。

今回は、あなどれない夏バテの対策法を見ていきましょう。

■夏バテの恐ろしいメカニズム

とくに今年の夏は、豪雨と猛暑が続く過酷な環境。この異常気象とジメジメした暑さが、体に不調をきたす原因の一つです。

まず、記録的な猛暑。うだるような暑さが続き、自ずと冷たい飲み物に手が伸びます。冷たい物を摂りすぎると、内臓が冷え、自律神経が乱れ、血行が悪くなってしまいます。この状態が続けば、疲れやすくなり、痩せにくくなり、肌荒れ、シミ、ホルモンバランスの乱れ、肩こりを引き起こします。

さらに、台風や豪雨による気圧の変化でも、自律神経は乱れがち。猛暑と気圧の変化のダブルパンチで、今年の夏は体が悲鳴を上げているかもしれません。

■今すぐやるべき夏バテ対策3つ

トラブルの連鎖を避けるために、今すぐ夏バテ対策をしていきましょう。

(1)常温のドリンクを飲む

氷を入れたドリンクや冷蔵庫で冷え冷えの飲み物は、体を冷やしてしまいます。暑い日にホットドリンクを飲むのはつらいかもしれませんが、常温の飲み物なら抵抗ないのでは? 美意識の高いモデルや女優さんも、カフェでは氷なしの水を頼んだり、常温のドリンクをオーダーするそうです。キレイの秘訣は、常温のドリンクにあり!

(2)週に1回水泳をする

『美レンジャー』の過去記事「エイジレス美人がこぞって水泳でボディケアする理由」でご紹介したように、道端アンジェリカさんをはじめ、多くのスタイル抜群の芸能人が水泳をしています。水泳をすると血行がよくなるだけでなく、代謝が上がって体脂肪が燃えやすくなったり、肌がキレイになったり、嬉しい効果がたくさんあるのでおすすめ! 早速、リーズナブルな公営プールに行ってみましょう。道端アンジェリカさんも、区民プールを活用しているそうですよ。

(3)ロックミュージックを聞く

猛暑の日、雨の日こそ、ロックミュージックを聞きましょう。自律神経を整えるには、“一定のリズム”が重要なカギ。ロックはベース音が一定のリズムを打つことから、自律神経を整えるのに最適な音楽ともいわれているそうです。

少し経てば治るから……と夏バテは放置しがち。でも、長く何もしないでいると、思わぬトラブルを招くことに。ぜひ今日からできることを始めてみてくださいね。

【関連記事】

※ 要注意!流行だけど「スタイルが悪く見える」夏ファッション5選

※ 流行よりも体型カバー!? 今夏「本当に売れてる水着」は意外にも…

※ エクササイズなしで「完璧な水着ボディ」になるモデルのテク8つ

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング