脱オバ眉!若返りの法則「マイナス5歳を実現できる」眉毛の描き方

美レンジャー / 2014年9月29日 7時30分

写真

毎日メイクしていて、「なかなかうまくいかないなぁ」と思うパーツとして、“眉”を挙げる人も多いのではないでしょうか? 眉の形にはトレンドがありますが、骨格や髪・肌の色と合っていないと、なんとなく垢抜けない印象になりがちです。

そこで今回は、ある調査で分かった“眉”にまつわる実態をご紹介いたします。

■眉でアンチエイジングを目指す女性は、なんと7割!

アイブロウとトリートメントサロン『アナスタシア』が、30代~50代の男女540名を対象に行った「眉に関する意識調査」によると、「あなたは眉でアンチエイジング効果を得られると思いますか」という質問に対して、43.1%の女性が「思う」と回答しました。

また、エイジングケアができることは疑いながらも、効果が得られるなら体験したいと期待を寄せている人は29.6%でした。

■アンチエイジングを目指すも、どうしてよいか悩んでしまう

同調査で「あなたの眉についての悩みはなんですか」と聞いてみると、「自分に合う眉がわからない(43.3%)」「左右で形が揃ってない(43.1%)」、眉メイクについての悩みは、「左右対称にならない(56.5%)」「整え方がわからない(46.7%)」などと、悩みは尽きない様子。

しかし、そのほとんどの人は、具体的にどうしたらよいか分かっていないようです。

■”脱”オバ眉! 眉を変えるだけで見た目印象”マイナス5歳”

男女に、眉施術前後の写真を見た印象を問う調査では、平均「マイナス5歳」見た目の印象が変わったとの回答が集まりました。眉施術後の印象は、「品が出た」「はつらつとした」「女性らしさが増した」などの答えが目立ち、眉の形によって、若々しい印象を与えることができることが明らかになりました。

■眉を変えるだけで若返るなら、眉の形を変えてみよう!

悩み多きパーツですが、ちょっとしたポイントさえ押さえれば、簡単に印象を変えることができます。ここでは、眉を描く時に気を付けるべきポイントを3つご紹介します。

(1)眉毛の下は抜かない

眉と眉毛の間の空間は、できる限り狭い方が彫りが深く見えます。眉と目が近いのは美人の条件と言っても過言ではありません。そのため、抜くよりむしろ描き足した方がよいです。どうしても気になる場合は、抜くよりもカットすることをお勧めします。

(2)眉の骨格に合わせる

眉毛の下には、“眉骨(びこつ)”と呼ばれる骨があります。顔の表情は骨と筋肉の動きなので、眉骨とずれた位置に眉毛を描くと、表情が不自然になってしまいます。できる限り、眉骨の上に眉毛があるように調整しましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング