エスティ ローダーが「EEクリーム」発表!A~Dも総おさらい

美レンジャー / 2014年10月6日 14時0分

写真

1本でメイク下地や日焼け止め、美容液、ファンデーションとしても使えるBBクリームが、爆発的なヒットを飛ばし、定番コスメのひとつになってからまだ数年。

BBからCC、DDと進化を続けてたこの多機能化粧品ですが、ついに、エスティ ローダーからEEクリームが出ると世界で話題になっています。

その進化についていけない!というあなたのために、進化の過程を徹底検証。さらに最新のEEクリームは、一体どんなところが優れているのか、いち早くご紹介します。

■BBクリームのおさらい

まず、BBクリームの特徴から簡単におさらいをしておきますが、”BBはBlemish=傷、欠点”と”Balm=癒すもの”の略で、お肌の傷跡やクマなどをしっかりカバーしながら、肌を整えるクリームとして生まれました。

従来なら洗顔後に化粧水、美容液、日焼け止め、メイク下地、ファンデーションというステップを踏むべきところを、これ1本で済ませられるという時短効果が魅力的です。

■CCクリームとDDクリームの違いは?

では、BBクリームの後に誕生したCCクリーム、DDクリームはどんな違いがあるでしょうか? 

『美レンジャー』の過去記事、「BBクリームの次は”CCクリーム&DDクリーム”が大ブーム!?」でもご紹介した通り、Color Controlの略であるCCクリームは、お肌の色をコントロールしてくれるため下地効果が高く、お肌をより自然な輝きに見せてくれます。

一方DDクリームは、Daily Defense(日常から守る)といった意味で使われ、保湿力と日焼け止め効果がパワーアップしています。

■最新のEEクリームは?

シャネルがCCクリーム、DDクリームはアメリカのブランドが手掛け、さまざまな世界のコスメブランドがこぞって参戦してきている、この‟●●クリーム戦争”。ついにエスティ ローダーがEEクリームを発表、イギリスでこの秋に発売になると報じられています。

詳しい特徴はまだ明らかになっていませんが、滑らかなテクスチャーのEEクリームは、Even Effect(さらに効果的に)の言葉から来ているものとみられ、カラーコントロールで肌を均一に見せる効果があると期待されています。

一方他ブランドでExtra exfoliating(新しい皮膚へ)という意味でのEEクリームが発表されており、この“●●クリーム戦争”は単なる語呂合わせのブームでは片付けられません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング