その髪…アウト!初対面で「この子はナシ」認定されるNGヘアとは

美レンジャー / 2014年10月31日 7時30分

写真

一般的に第一印象は、3~6秒程度で決まり、その印象を左右するのは、見た目など視覚からの情報が大半を占めると言われています。特にメイクや表情だけでなく、ヘアスタイルは、その人のイメージ像に大きく関わってきます。

そこで今回は、髪色や髪型等、髪の状態が人に与える影響についてご紹介します。

■髪色、髪型、髪質が人に与える印象

髪の総合情報サイト『頭美人』の運営担当の中川さんにお話をうかがったところ、ヘアスタイルは、人の雰囲気を左右する重要なパーツのひとつだそう。

たとえば、髪色一つ変えるだけで相手に与える印象が変わります。黒髪は清楚、まじめな印象に、ナチュラルブラウンは垢抜けた印象につながります。また、ライトブラウンや金髪は、派手で刺激的、個性的な印象に。

さらに髪型もイメージを左右します。同じポニーテールでも結ぶ位置を変えるだけで、ガラリと雰囲気が変わります。高い位置で結ぶと活発で元気なイメージに、低い位置で結ぶと落ち着いた大人っぽい印象に。また、前髪がある・なしでも見た目の雰囲気が変わってきますよね。

ヘアスタイルはこれだけ大きく印象を左右するので、普段から意識することが大切なのです。

■第一印象で男性ウケが悪い髪型とは

以下のようなヘアスタイルは、初対面の男性からギョッとされてしまうこともあります。

(1)プリン頭

カラーリングをしている人は、伸びてきた髪との色の差によってできてしまう“プリン頭”に要注意。だらしない印象を持たれてしまうことも。

(2)真っ黒・金髪等の極端な髪色

黒髪は清楚、まじめな印象につながり、就職活動にはピッタリ。しかしその反面、垢抜けない印象にもつながることも。逆に、金髪等の明るすぎる髪色は個性的で目立つ分、第一印象では男性から引かれてしまう可能性も……。

(3)TPOを無視した髪型

どれだけオシャレな髪型でも、大切なビジネスの場に派手なシュシュをつけた元気いっぱいのポニーテールで参加すると、「この人常識に欠ける」と思われてしまいます。

また、BBQなどのレジャーで長い髪の毛を邪魔そうに何度もかき分ける姿を見ると、「結べばいいのに」と不思議に思う男性も。髪型は、TPOに合っているかどうかを考えて選ぶことも重要です。

(4)パサパサの傷み髪

ツヤのあるサラサラヘアが好きだという男性が多いですよね。髪色や髪型を意識しても、髪自体がパサパサで傷んでいるとそれだけで老けて見られてしまったり、不健康な印象を与えてしまったりします。巻いてもアレンジをしても、ツヤがない傷んだ髪はごまかせません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング