お泊まり前は控えて!「デリケートゾーンの悪臭」招くNG食材3つ

美レンジャー / 2014年11月4日 16時0分

写真

女性のデリケートゾーンの臭いって、とても気になりますよね? でも気にしているのは、女性だけじゃないんです。『美レンジャー』の過去記事「7割の男性が実は気にしてる!? “デリケートゾーンの臭い”正しい対策とは」によると、なんと7割の男性が女性の臭いが気になっているとか。おお怖い!

そこで今回は、海外のライフスタイル情報サイト『next avenue』の記事を参考に、女性の“アソコの臭い”を悪化させる食べ物を3つご紹介します。

■アブラナ科の野菜はNG

信じがたいですが、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなども悪臭の原因になるのだとか。アブラナ科の野菜に多く含まれている硫黄混合物には、強い刺激臭があり、摂取すると悪臭が発汗とともに放出されるのです。

カリフォルニアの化学コンサルタントであるE・アダム・カレル氏によると、これらの野菜を口に入れて早くて1時間ほどで臭いがし始めますが、6時間後にはなくなっているそう。

アブラナ科の野菜は栄養満点ですし、デートの直前だけ避ければよさそうです。

■赤身のお肉は要注意

赤身のお肉は消化が悪く、消化しきれないカスが腸内に残ります。このカスが排泄されずにいると腐敗して悪臭の原因になるそうです。個人差はありますが、お肉の赤身を食べてから2時間後に臭いが発生し、数時間、なかには2週間ほど悪臭が続くこともあるとのこと。

初めて彼とベッドイン!なんていう可能性がある人は、しばらく赤身のお肉を控えてもいいのかもしれませんね。

■魚クサいと言われる恐れ……

DHAやEPA含有量が高く、美肌効果満点のマグロや鮭なども、アソコが魚クサくなってしまう恐れがあると言われています。ただし一日もすれば、魚クサさはなくなるそうです。

アメリカではデリケートゾーンがクサいことを“魚クサい”と表現されます。魚を食べる習慣のない外国人が彼氏だと、デートの前日からお魚は食べない方がいいかもしれません。お魚好きの日本人が彼でしたら、神経質になることはないかも……。

 

■アソコの臭いを改善する食べ物とは?

パイナップルやグレープフルーツなどの柑橘系の果物、ベリー類、バナナ、アーモンドなどが体臭を改善すると言われています。

また、過去記事「アソコの処理は完璧?欧米女子流“デリケートゾーン”のケア方法」によると、デリケートゾーンの悪臭の原因であるカンジダ症の予防として、ヨーグルトやクランベリージュースが勧められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング