どんな味?●●にも使える話題の「水素水」を飲み比べ大検証

美レンジャー / 2014年11月10日 9時0分

写真

いま巷で話題を呼んでいる、“水素水”。筆者を含め、TVや雑誌で気になっている方もいるのでは? 

ところが、「そもそも何にいいの?」「種類が多くて、選び方が分からない」「どう違うの?」など、疑問に思っている方も多い様子。

そこで今回は、気になる水素水の”徹底飲み比べ検証”をお送りします。

■あなたは大丈夫? カラダの錆びつき度チェック

ここ最近、お肌やカラダの不調を感じているという方、ズバリ“カラダの錆びつき”が原因かもしれません。以下の中で、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

(1)疲れやすく、休んでもなかなか疲れが取れない

(2)風邪を引きやすくなった

(3)肌や髪のパサつきが気になる

(4)お腹の調子が悪い

(5)以前と比べて痩せにくくなった

(6)お酒、タバコなどの嗜好品を好む

当てはまった数が多いほど、カラダの錆びつき度は進んでいるかもしれません……。

■アンチエイジングに効く! 話題の水素水とは

私たちのカラダを錆びつかせ、シミ・シワといった肌の老化や、白髪・抜け毛、体力の衰えなどの元凶とされる活性酸素。

そこで重視されるのが、私たちが本来持っている活性酸素の攻撃から守るための“抗酸化力”ですが、この抗酸化力も加齢と共に衰えがちに……。しかし、紫外線や大気の汚れ、電磁波、強いストレス、不規則な生活などが原因となり、ますます体内の活性酸素は増えていってしまうのです。

そのため、抗酸化作用のある食材や物質を取り入れることが、錆びないカラダのヒントに! なかでもいま注目を集めているのが、老化や病気の原因である悪玉活性酸素だけを除去し、カラダに必要な善玉活性酸素は維持してくれるとされている水素水です。

筆者は3銘柄を、1週間ずつ飲み比べてみました!

■『ナノ水素水 KIYORABI(キヨラビ)』

名水百選にも選ばれた熊本県菊池渓谷の天然水を使用。水素の含有量は、1.23ppm。特殊な4層アルミパウチは、水素を逃がさず、美味しさをキープしてくれるのだとか。飲み口がついているので、手軽に摂取できます。

すーっとカラダに浸透するような、さわやかで口当たりがよいのが特徴。若干疲れ目が軽減したような気がします。

■『自然王国 水素豊富水』

『モンドセレクション 2014』において、金賞を受賞。名水百選に選ばれた山口県寂地川を源流のひとつとする、錦川水系の天然水を使用しています。水素の含有量は、1.1ppm。アルミパウチなので、水素の漏れが少なく、時間が経っても高濃度の水素水を摂取できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング