えっ28日周期じゃない!? 30代女性「肌再生に●日…」衝撃の真相

美レンジャー / 2014年11月29日 21時0分

写真

「肌細胞は28日周期」と色々なところで言われており、だいたい1か月を目安に、自分の顔の細胞は生まれ変わると思っている方も多いのではないでしょうか? 

でも、28日というのは20代の場合の話。30代なら28日どころか40日近くかかり、年齢を重ねるほど、細胞が新しくなるのにかかる日数は増えていくんです。アラサー、アラフォーでも「お肌のターンオーバーは28日」と思い込んでいたら、それは大間違い……。

今回は、そんな肌細胞が生まれ変わるサイクルについて年齢ごとに見ていきましょう。

■お肌のターンオーバーとは?

顔の皮膚を作る小さな肌細胞一つ一つが、古くなると剥がれ落ち、そして新しい細胞に変わる、というサイクルを繰り返しています。その一連の流れを‟ターンオーバー”と呼び、その1サイクルにかかる期間が28日と言われているのです。

たとえばニキビができて肌荒れを起こしたとしても、その荒れた細胞はやがて垢やフケとなって剥がれ落ち、その代わりに新しい細胞ができてくれば、その肌荒れは治っていくというわけです。

■ターンオーバーの日数は?

では、ターンオーバーにかかる日数はどのくらいなのでしょうか。

一般に言われている「28日周期」は20代の女性の場合で、10代ならそれよりもさらに期間は短く、20日ほど。そして年齢が増えてくれば、細胞再生自体がそれほど盛んに行われなくなってきます。そのため目安とされる周期は、30代で40日、40代で55日、50代で75日、60代では90~100日になるとされています。

「傷が昔より治りにくくなった」とか「日焼けした肌が元の色に戻るまで時間がかかるようになった」などの経験があったら、それもすべてターンオーバーにかかる期間が、以前よりも長くなっていることが原因です。

■ターンオーバーを長くする要因

ターンオーバーのサイクルは年齢だけでなく、普段の食生活や睡眠などにも影響を受けます。日焼けやストレス、睡眠不足、冷え、ホルモンバランスの低下などによって、肌が再生するのに要する期間は長くなってしまいます。

また、角質除去を行い過ぎたり、活性酸素が体内にたくさんあることもNGです。

ここで紹介したターンオーバーの周期は、あくまでも年齢ごとの目安。でもお肌に良い生活を送ってきちんとケアをするのなら、30代でも若いときの28日周期に近づけられる可能性だってあるということです。ぜひいくつになっても、28日周期をキープしたいですね。

【関連記事】

※ 1日1杯は飲みたい!ド定番「味噌汁」が最高の美容スープなワケ

※ 水分不足で老廃物ドッサリ!「水の飲み忘れ」絶対NGなシーン3つ

※ 年のせいじゃない!「傷の治りが遅い」のは体からのヤバイSOS

※ 「5歳老けて見えるシミ」を本気で消したい人がやるべき3つのこと

※ 【動画あり】接着剤はダメ!剥がれ・亀裂「ネイルトラブル」対処法

【姉妹サイト】

※ 知りたくなかった!10人に1人が「パートナーへ殺意を抱いた」ことあり

※ 貯蓄1000万も夢じゃない!? 「フリーランス女子の実態」が調査で判明

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング